通仙園(宮の鼻) 倉敷市 GoogleMap
     
    通仙園  
     
    通仙園園地   通仙園(宮の鼻)  
  瀬戸内海国立公園 通仙園園地
瀬戸内海国立公園は、昭和9年にわが国で最初の国立公園として指定されました。(通仙園は、昭和25年に追加指定)
瀬戸内海は、紀淡、鳴門、関門、豊予の四つの海峡に囲まれていますが、およそ半分の区域が10県にまたがって国立公園に指定されています。
この公園の特徴は、自然と人文景観が一体となった、内海多島海景観で世界的にも得意な景観と言われています。
                                                    環境省・岡山県(現地案内版)   通仙園園地地図
春(4月中旬〜4月下旬)にはつつじの花を楽しむことが出来、源平合戦の昔から変わらない、水島灘の島々を眺めることができる。
また、宮の鼻からは,水島工業地帯を望むことが出来る。
(交通)JR瀬戸大橋線児島駅/塩生経由倉敷行きバス15分/通生辻浜下車徒歩10分 瀬戸中央自動車道児島IC/車7分
倉敷市児島通生 TEL倉敷市役所公園緑地課086-426-3495
また、通仙園の近く、国道430号線通生には、おいしい「手打ちうどん」を庭を眺めながら楽しむことが出来る、梅荘がある。
                                        鷲羽山周辺宿泊情報 美観地区・倉敷駅周辺宿泊情報
 
 
     
   
  源平水島合戦の昔から変わらない水島灘の島々の眺め   
     
通仙園宮の鼻から水島臨海工業地帯方面 通仙園 通仙園
通仙園 通仙園
本荘八幡宮 うどん 梅荘(説明あり)

 

Home 倉敷・備中倉敷地域へ  倉敷市へ