うかん常山公園ー石の風ぐるまー Ukan Tsuneyama Park GoogleMap
石の風ぐるま
うかん常山公園 うかん常山公園
うかん常山公園 岡山県高梁市有漢町有漢4882−1
太平洋から日本海が高速道路で結ばれ、有漢町はそのほぼ中央に位置する。
この「石の風ぐるま」は、平成8年3月、町制施行40周年という記念すべき年に、情報の発信と交流の拠点のシンボルとして、町づくりのシンボルモニュメントとして、岡山県の補助金を受けて設置された。
                                                                                           
うかん常山公園ガイドマップ
   
石の風ぐるま 石の風ぐるま 大平山
石の風ぐるま
石で造った風ぐるまの羽根が、風速3メートル(すすきの穂が揺れる)程度の風で回る、羽根の大きさ、規模共世界一の風ぐるま。
土台は20~40トンもある巨大な花崗岩を7基設置し、羽根も小さなもの(直径40cm・40kg)から大きなもの(242cm・2t)まで、18個を取り付けている。イギリス南部ソールスベリー平原にある巨大な
石の遺跡ストーンヘンジをほうふつさせる。   作者:門脇おさむ(高知市在住の彫刻家)
(現地案内板より)
風の舞台 風と化石の館 石の風ぐるま
石の風ぐるま 風と化石の館内部 風ぐるま市場
風と石の館
1階では、岡山自動車道の開通により一つにつながった太平洋から日本海の間の各地の興味深い自然や歴史・文化について、ビデオ映像や立体模型などによる紹介をおこなっている。
2階では、巨大スッポンやクジラの化石など、この地域から発見されたさまざまな化石を展示している。また、ミラクルビジョン(立体映像)により、約数億年前の生物の様子や日本の姿を再現している。

風と化石の館の展示室。現状を見る限り、かってこの辺りが海だったとは考えることも出来ない。展示室の説明を読み化石を見れば興味がわいてくる。
 

923kaza1

923kaza2

923kaza4

 

   

【Yahoo!ショッピング】インターネットで雑誌に掲載されたアイテムを買おう 

Home 高梁市へ戻る