スズキ RL250L


スズキと契約したゴードン・ファーリーが開発したマシン

スズキRL250L についてはRL250L(アルミタンク仕様)と
RL250(鉄タンク仕様)があったそうです。
廣孝信さんから情報を戴きました。

エンジン空冷2サイクル単気筒ピストンリードバルブ
排気量246cc
圧縮6.0
ボア×ストローク70×64
最高出力17ps/6,000rpm
最高トルク2.1Kg−m/5,000rpm

歴代のマシンへ戻る

ホームページへ戻る