ヤマハ YZT250



世界初のモノショックマシンとして開発されミックアンドリュースのドライブで
世界へ出場するが、リアが跳ねた時にマシンが前進するという
特性が強すぎて開発が中止されてしまった。
又、マイポンプという今で言う燃料噴射装置も2輪で初めて装着する。

しかしメッキのカンチレバーが格好良かったなぁ。

歴代のマシンへ戻る

ホームページへ戻る