トライアルとの出会い

トライアル第1期ブーム

1973年まだ中学3年の時通学途中の鉄工所の前に変なバイクがおいてありました。
何も付いていないのです。メーターもヘッドライトもウインカーも何も無い。
そのくせ当時の750ccのバイクと同じ太さのタイヤ(ヨンマル)をはいているボロボロのバイクがありました。
当時はもう免許を取れる年齢が目の前にきていることで免許取得と同時にバイクを買ってもらおうと
毎日のように自転車で市内のバイク屋さん巡りをしてカタログ集めに夢中になっていた頃で、
バイクの銘柄にはかなり詳しくなっていました。
これが国産第1号のトライアルマシンTL125バイアルスだということはすぐ分かりました。
持ち主に話を聞くとすぐ近くで練習しているとのこと。
その練習を見に行って初めてTL125が走っているのを見たときは ”すごい”の一言でした。
私が這って上らないと行けないようなところをすいすい登って行く、50cmもある段差を越えていくではありませんか^_^;
この光景はショックでしたね。
それから毎週毎週練習を見に行き、手伝い?をしてました。
私はバイクを買ってもらいましたが、残念ながらロードモデルのCB250でした。
それでもみんなと一緒に練習場所に行きセクション作りやオブザーバーをやって練習の手伝いをしておりました。
そのうち友人の一人がTL125の中古を買いました。ナンバーも何もないのを。
もちろんトランポなんてありませんから、私のCB250でそのTLを牽引して練習場所まで行くわけです。^_^;
(絶対にまねしないでくださいね。当時だから出来た技ですので。)
このころYAMAHAのTY250、KAWASAKIのKT250、SUZUKIのRL250と各社から出てきました。
私はと言えば練習にこられていた方々のマシンを借りては練習に励んでおりました。
また、木村治男さんが早戸川で全日本初代チャンピオンになる等、トライアル第1期ブームだったと思います。

この頃のトライアルは今と少し違いました。
全日本はシリーズ戦ではなかったし、採点方法も1・3・5だったし採点カードはオブザーバーが持っていたしね。
当時和歌山県那賀郡名手町で、今で言う近畿選手権がありオブザーバーをした経験があります。
資格なんて必要なかった、たまたま主催クラブの一員(準会員)であっただけです。
選手のゼッケンが見えにくく採点カードに書き込む際に今の選手は何番だったっけ?
”ちょっとすみません。ゼッケンは?”等と何回も聞いた記憶があります。
まだ、加藤文博さん、山本隆さんがKAWASAKIのワークスとしてKT250に乗られておりあこがれの的でした。
KT250は市販されていましたが、和歌山ではほとんど見ることが出来ないものでしたので、
昼の休憩時間などはマシンを穴があくほど見つめていました。

その後雑誌にも記事が載らなくなり次第にブームが去りました。私も4つ輪の免許を取るし。

トライアル第2期ブーム

1982年ホンダ契約のエディールジャーンがRTL360で世界チャンピオンになる等で、第2期ブームの到来。
昔の記憶が昨日のように蘇って来てまたトライアルをやりたくなり、84年通勤に使うからとTLR200を新車で購入。
半年後長男が生まれたのをきっかけに夜中に病院に行くかもしれないからとトランポも購入。
その後購入したTLR200を競技用に改造。
地方大会など出場するが成績は・・・・・・・。86年に待望のRTL250Sを購入。
残念ながら88年にRTLを手放してからは、観戦一方になってしまい現在に至っております。
しかし私の趣味のページにも書いているとおりトライアルは生涯スポーツと考えております。
出来るだけ近いうちに現役復帰します。そのときはよろしく!

ここまでお付き合いくださいましてありがとうございます。

ホームページへ戻る