朝原山安養寺 高野山真言宗 倉敷市浅原 GoogleMap
安養寺
 

朝原山安養寺
TEL086-422-1110
倉敷市浅原1573 
倉敷市街地の北方、福山合戦で有名な福山の南中腹にある。真言宗の古刹で山号は朝原山と言う。
創設の時期は不明だが、裏山にある、安養寺裏山経塚群(県史跡)から出土した瓦経に刻まれた願文に「応徳三(1086)年春二月於安養寺」の文字があることから平安後期には安養寺が存在していたことがわかる。
 

 

「源平盛衰記」の記事に、鹿ヶ谷事件によって備前国に流された藤原成親が「備中国安養寺に調御房という僧を請じて備中国朝原にて出家受戒し給けり」とみえ、成親が安養寺で出家したことが記されているが、当時の安養寺の所在は不明である。
「備中誌」によれば、1336(建武3)年の福山合戦で朝原寺の伽藍がことごとく炎上し、以後衰退に向かい、江戸中期の1717(享保2)年にその跡へ現在の安養寺が移されたのだという。

           新版「岡山県の歴史散歩」より

 

南北朝時代の建武の兵乱により数十の伽藍は灰燼に帰したが、毘沙門堂だけが残った。このとき残った木造毘沙門天立像や木造吉祥天立像などは、国指定重文となっている。
裏山の経塚から出土した瓦経や土製宝塔も国指定重文である。
(交通)JR山陽本線倉敷駅/車15分 
山陽自動車道倉敷IC/車10分 
(駐車場)普通車100台
   岡山県観光便覧より 

 
広告
     
羅教堂 羅教堂 経塚
      広告  
     
           Home 倉敷市へ  

【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!