アヴィニョン Avignon 南仏 プロヴァンス      
        
        
   
  アヴィニョン アヴィニョン時計台広場 劇場  
  アヴィニョン
アヴィニョンは、1309年、ローマから法王庁が移転してきたことで華やかな脚光を浴びる街となった。
街の周囲が城壁に囲まれ、城塞のような法王庁跡を持つアヴィニョンは、ローヌ川と調和した中世都市の風情をそのまま残している。

法王庁がアヴィニョンに移転したのが14世紀、この宮殿を中心に多くの史跡が町のいたるところに点在し、「アヴィニョンの橋の上で輪になって踊ろ」と歌われた頃の華やかな歴史を偲ぶことができる。
この歌に歌われた「サン・ベネゼ橋」は、ローヌ川の氾濫のため22あったアーチも4つを残すのみとなっている。
アヴィニョン時計台広場
フランスの広場ならどこにもあるメリーゴーラウンドとオープンエアのカフェ。
明るく楽しい雰囲気は変わらない。
劇場
時計塔広場には市役所と劇場が面しておりたくさんのカフェが軒を並べている。
 
  広告      
     
 
サン・ベネゼ橋 ドン岸壁 法王庁  
アヴィニョンの橋の上で輪になって踊ろ」と歌われた「サン・ベネゼ橋」(アヴィニョン)
この歌に歌われた橋は、ローヌ川の氾濫のため22あったアーチも4つを残すのみとなっている。
橋の上は、踊れるほどの広さもない。
対岸とつながっていた頃は、中間の島の橋の下で踊っていたのが後になって、橋が壊れてから、「橋の上で」と歌い替えられたとの事。
橋の上には、「アヴィニョンに行って流れの激しいローヌ川に橋を掛けよ」という神のお告げで、ここに来て、アヴィニョン司教の命により巨石を川に投じてそれを基礎とし、橋を掛けるきっかけをつくった羊飼いの少年、ベネゼを祀る礼拝堂が建っている。

朝だったため、逆光となってしまいました。
ドン岸壁
上はロシェ・デ・ドン公園となっている。
ここからの眺めは素晴らしい。
法王庁
総面積は15,000uを超える。1309年にアヴィニョンに法王庁が置かれ、1334年から約30年の歳月をかけて3法王(ベネディクト12世・クレメンス6世・イノケンティウス6世)によって建設された。外から見るとまるで要塞のように感じる。
法王庁の向こうには、ノートルダム・デ・ドン大聖堂が見える。
 
 
ノートルダム・デ・ドン大聖堂 ロシェ・デ・ドン公園とプチトラン モネー館 アヴィニョン(Wikipedoa)  
ノートルダム・デ・ドン大聖堂 ロシェ・デ・ドン公園とプチトラン
教会の向こうに見えるのがドン岸壁のあるロシェ・デ・ドン公園。
手前のプチトランは法王庁前を出発して、ロシェ・デ・ドン公園⇒サン・ベネゼ橋⇒旧市街をガイド付きで回る。

ロシェ・デ・ドン公園
法王庁の裏にあるドン岸壁の上に広がる美しいイギリス庭園 そのテラスからはローヌ川は勿論、サン・ベネゼ橋やアルビーユ山脈など雄大なプロヴァンスの風景を一望することができる。
モネー館(アヴィニョン)
1619年に枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの公使団を迎える目的で建設された、法王庁宮殿の向かい側ある建物。
現在は音楽院が置かれているとの事。
プティ・パレ美術館
ボッティチェリの「聖母子」をはじめ中世からルネッサンス期にかけてのイタリア絵画コレクションを見ることができる 中心はジアン・ピエトロ・カンバーナのコレクション。
 
   広告  
   
  Home 南仏プロヴァンスの旅へ