備中国分寺 GoogleMap
備中国分寺山門
備中国分寺 本堂
古い歴史を持つ寺院のあるところ、あったところはどこも素晴らしい環境のところが多いが、ここ備中国分寺跡も、明るいなだらかな丘と周辺の田畑、そして山の緑がうまく調和し、何度訪れても気持ちを落ち着かせてくれる。周辺の散策をするとさらにそれを実感できる。

備中国分寺跡
 (国指定史跡 昭42.2.15) 所在地 総社市上林
国文寺は国文尼寺とともに鎮護国家を祈るため、天平13年(741)に、聖武天皇の勅願によって建てられた官寺です。
備中国分寺の寺域は、当座医薬160m南北約180mで、周囲には1.2〜1.3mの築地土塀がめぐらされており、寺域内には、南門、中門、金堂、講堂、塔などの伽藍が配置されていました。
昭和46年に岡山県教育委員会が実施した発掘調査によって、南門跡、中門跡、建物跡、築地土塀などが確認されていますが、金堂跡や講堂跡は現在も寺の境内地のうちに含まれており、その位置や規模などは明らかでありません。
備中国分寺は、中世には廃寺となり、その後江戸時代中期に至って日照山国分寺として再興されました。現存する伽藍はすべて再興後に建てられたものです。
                  昭和61年8月 文部省 岡山県教育委員会
(現地案内板より)
                                                                                                備中国分寺伽藍配置図
備中国分寺跡建物群(県指定重要文化財 昭49.5.31) 所在地 総社市上林
現在の建物群は、江戸時代中期に浅尾藩主の蒔田(まいた)氏の援助によって再建されたもので、寺院というより、書院風の簡素な建物である。
備中国分寺五重塔 備中国分寺境内 大師堂
客殿と勅使門 鐘楼 本堂・大師堂
備中国分寺山門前 春の五重塔 桜の備中国分寺
備中国分寺 南門跡 備中国分寺 中門跡 備中国分寺 築地土塀
南門跡ー備中国分寺の正門にあたるこの門跡には、三個の礎石が現存しています。
そのほかの礎石は抜き取られていますが、礎石の下部に詰めていた根石が残っており、門の規模は間口五間、奥行二間であったことがわかります。
門の両脇には寺域の南限を画する築地土塀が東西方向へまっすぐ取りついていました。

中門跡ー現存する礎石は一個だけですが、礎石を抜き取った穴と礎石の下に詰めていた根石が残っており、南門と同じく間口五間、奥行二間の門であったことがわかります。
しかし、礎石の間隔が南門とくらべてやや広く、建物もやや大きかったと思われます。
築地土塀ー創建当時の備中国分寺では、寺域の周囲に幅1.2〜1.3mの築地土塀が築かれていました。築地土塀のめぐる範囲は、東西約10m、南北約180mで、南辺中央に南門が建てられていました。
備中国分寺 井戸跡 備中国分寺 建物跡 井戸跡発掘略図
井戸跡ー井戸枠は巨木をくり抜いて作られており、平面形は、約130cmx60cmの楕円形をなしていました。             
井戸枠の外側には板を打ち込んで長方形につくった外枠が設けられており、また流し溝の痕跡も残っていました。
井戸の上には、4本の柱に支えられた覆屋が設けられていました。これは、柱を建てた痕跡や柱の残欠からわかったものです。
建物跡ーここには四個の大きな掘立柱をすえるための穴と雄大な柱の根元の部分が残っており、また柱穴のまわりには、建物の重量にたえられるよう一層一層ていねいにつきかためた版築層も部分的に残っています。この建物跡は塔跡という説もありますが、はっきりしたことはわかりません。
吉備路風土記の丘へ戻る

Home 岡山市へ戻る