草津温泉千代の湯

時間湯について
草津温泉は簡単に言うと、含硫化水素強酸性明礬緑礬泉(りゅうかすいそ、きょうさんせい、みょうばんりょくばん、せん)という強力な殺菌力のある温泉です。
皮膚病や免疫力の低下した人でも入浴感染しにくい温泉と言えます。
[時間湯に「ついて]
1.源泉100%の湧き立ての温泉をそのままの形で取り入れて、湯もみ(六尺から七尺の長板でかき回して温度を下げ成分を均一化、柔らかな湯にする)して入湯する
伝統的な入浴法です。
様々な症状に効能があると言われていますが、時間湯では、源泉近くから成分の濃いお湯を取り入れて入浴するだけでなく、蒸し、足湯等の組み合わせによって、リハ
ビリや様々な体質改善に取り組んでいます。継続しての湯治は、免疫系、自律神経系、内分泌系を介して様々な効能を表すと言われます。代表的なものに腰痛、関節
痛、乾癬、水虫等の改善がありますが、最近では花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、化学物質等へのアレルギー体質などの特異体質改善にも力を入れています。

[入浴の相談について]
2.湯長の面談により決定しますが、泉質が身体に合うかを確かめる意味で、体験入湯のように短期入湯を受け付けることもあります。いずれの場合も、入湯継続に
支障があると判断された場合、中止勧告を受け入れて頂きます。時間湯建物内の源泉取入れ口でも約50℃前後の湯温がありますが、病状だけでなく入湯者の体力や
年齢によって、主に40℃から48℃で使い分けています。(一つの大きな浴槽で数種類の成分濃度と湯温を設定することにより効率的な湯治が可能と言われています。)

申込決定
新規の申込の方は基本的に、電話連絡の上、指定された時間に時間湯に来て頂きます。
毎週月曜は、新規申込みや相談等は受け付けていません。

草津温泉時間湯
時間湯受付窓口 0279-88-2508午前9時より午後5時まで
9時・11時・14時・17時 月曜 定休日
湯長の指示に従い、湯もみ⇒かけ湯⇒入浴という一連の過程で高温の温泉に入ります。
大滝の湯でもチケットを販売中。
一回 560円
(現地案内板より)