岡山カルチャーゾーン GoogleMap
Okayama Culture Zone  
   
               
   
               
   モバイルはこちら      モバイルはこちら   モバイルはこちら   
  岡山カルチャーゾーン
岡山駅から東へ約1.2km、路面電車「城下」の停留所で降りると、清流旭川に後楽園、岡山城が映え、音楽ホール、美術館、博物館、全国でも有数の貸し出し数を誇る県立図書館などの文化施設が立ち並び、散策、そして美術や歴史を学ぶには最適の「岡山カルチャーゾーン」がある。
    「城下」の電車停留所のすぐ横には、円形の建物「岡山シンフォニーフォール」、その前の上之町商店街には岡山県観光物産センター「晴れの国岡山館」があり、県内物産の展示・販売を行っている。
岡山駅~城下間は
路面電車または市内循環バス「めぐりん」岡山市コミュニティサイクル「ももちゃり」で 100円
  岡山市内中心部宿泊情報 岡山市中心部ホテル・旅館地図GoogleMap 岡山市コミュニティサイクル「ももちゃり」  
   
岡山城・旭川・岡山後楽園
   広告  
   
  主な施設           
 
岡山県立美術館   岡山市立オリエント美術館 岡山県立博物館
室町時代の雪舟、文人画の大家浦上玉堂、宮本武蔵、アメリカを代表する画家となった国吉康雄、日本の抽象絵画の草分け坂田一男、牛窓で昭和30年代から絵を描きつつけてきた佐竹徳など岡山を代表する作家の作品を展示。企画展も随時行われる。
岡山市北区天神町8-48 TEL086-225-4800
(個人)一般350(280)円 大学生250(200)円 小・中生無料 65歳以上170(140)円 企画展は別途
(団体):20名以上は(   )内料金 
(開館時間)9~17時 受付16:30 
(休日)月曜日(祝日の場合翌日)12/28~1/4 展示換え期間中
(駐車場)普通車45台 臨時駐車場37台

県立美術館ホームページ
 
  シリア、イラン、イラクなどから出土した古代オリエントの土器、陶器、装飾品、染色品など約3,000点を系統的に収集し、時代、地域、種類別に分類して常設展示。展示品には時代背景や興味深いエピソードをまじえ、内容に合わせた簡単なクイズも用意されており、楽しみながら見ることができる。中にはハムラビ法典のレプリカなど意外な展示物も揃っている。
岡山市北区天神町9-31 TEL086-232-3636
(個人)一般300円 高・大生200円 小・中生100円 障害者と付添人1名および65歳以上の方無料 特別展示期間中は特別料金 
(団体)20人以上 一般240円 高・大生160円 小・中生80円
(開館時間)9:00-17:00 受付16:30 
(休日)月(祝日の場合は翌日) 12/28-1/4 展示換え期間中 
(駐車場)無

岡山市立オリエント美術館ホームページ
その地域の歴史を知るには博物館や資料館を訪れるのが良い。岡山県政100年を記念して後楽園の外苑に建てられた博物館。「岡山県の歴史と文化」を主題に美術工芸、考古、民族、備前焼、刀剣など、原始から近世に至る移り変わりが一目瞭然。後楽園正面入口の向かい側にある。
岡山市北区後楽園1-5 TEL086-272-1149
(個人)250円(65歳以上120円・高校生以下無料)
30名以上の団体200円
*特別展示期間中は別途料金 
(開館時間)9:00-18:00(10-3月は9:30-17:00)
(休日)月(祝日の場合は翌日) 12/28-1/4)
(駐車場)普通車150台 バス25台(後楽園の駐車場を使用 有料100円/1時間)

岡山県立博物館ホームページ
   モバイルはこちら     モバイルはこちら    モバイルはこちら   
 
林原美術館   夢二郷土美術館本館 吉備路文学館ー岡山カルチャーゾーン外ー
堂々たる構えの武家屋敷門をくぐると、近代的でスマートな建物が現れる。
館内には池田家伝来の調度品、刀剣、甲冑、絵画、能装束、古備前など「岡山の江戸時代」を中心とした国宝・重要文化財が数多く展示されている。
この美術館は、年配の人たちになつかしい「水飴」で有名な「林原商店」の三代目社長、林原一郎氏のコレクションを現林原グループの代表 林原健氏が中心となり開館したものである。
岡山市北区丸の内2-7-15 TEL086-223-1733
(個人)大人・大学生300円 高校生200円 小・中学生100円 特別展示期間中は特別料金 
(団体)20人以上は2割引 
(開館時間) 9:00-17:00 最終受付16:30 
(休日)年末年始および展示換え日 毎週月曜日休館 祝日の場合翌火曜日
(駐車場)普通車5台

林原美術館ホームページ
  「待てどくらせど来ぬ人を…」宵待ち草の詩で知られる大正ロマンの詩画人・竹久夢二の作品を集めた美術館。
スケッチ、デッサン、イラスト、水彩、油絵から軸、屏風などを展示してある。
後楽園から蓬莱橋を渡ったところにある赤レンガの建物。
岡山市中区浜2-1-32 TEL086-271-1000
(個人)大人700円 中・高・大学生400円 小学生300円 
(団体)20人以上2割引 
(開館時間) 9:00-17:00(最終受付16:30) 
(休日)毎週月曜(祝日の時は翌日) 
(駐車場)普通車10台 バス2台

夢二郷土美術館ホームページ
正宗白鳥、内田百間、坪田穣治など、岡山ゆかりの著作や原稿、遺品などの資料を収集展示している。
岡山市北区南方3-5-35 TEL086-223-7411
(個人)大人400円 高・大学生300円 小・中学生200円 
(団体)10人以上2割引 
(開館時間) 9:30-17:00 受付16:30 
(休日)月(祝日の場合は翌日) 12/28-1/4 
(駐車場)普通車10台

吉備路文学館ホームページ
ー吉備路文学館は、西川緑道公園の最上流部から少し歩いた所にあり、岡山カルチャーゾーンからは離れているが、文化施設ということでこのページで紹介ー
   広告  
   
 
岡山シンフォニーホール   岡山県天神山文化プラザ 岡山城(金烏城)
メインホールは、残響時間2秒のハイレベルな音響性能を誇り、2,002人が収容可能なシューボックス型ホール。他のイベントホール(200名)、和風ホール(48畳)、スタジオ(2つ)も設備されており、クラッシックからポピュラー、邦楽まで多彩なジャンルの芸術作品を鑑賞することができる。また、地下1階から2階までは、バラエティー豊かな専門店などが集まったショッピングモールになっており、ショッピングや憩いのスペースとしても親しまれている。
岡山市北区表町1-5-1 
TEL086-234-2001
(開館時間)9:00-22:00
(休日)第2、第4火曜(火曜が祝日の場合翌日 12/28-1/4 
(駐車場)無(市営地下駐車場隣接)
  旧岡山県総合文化センターをリニューアルし、県民に身近な芸術文化活動と文化情報発信の拠点として、各種の展覧会のための展示室、講演・演劇・音楽に適したホール、美術・工芸・映像・邦楽・古典芸能・演劇・ダンス・音楽のための練習室、会議室、文化情報センターがある文化施設。
〒700-0814 岡山市北区天神町8-54 
TEL(086)226-5005 FAX(086)226-5008
開館:展示室/午前9時~午後6時 ホール/午前9時~午後10時 練習室/午前9時~午後10時 会議室/午前9時~午後5時 文化情報センター/午前9時~午後6時 
休館:月曜日 年末年始(12月28日~1月4日) 
入館料:展示室、ホールは各団体の定めた料金  
城下電停から 徒歩3分
平成9年に築城400年を迎えた岡山城は、宇喜田直家・秀家親子二代にわたって築かれ慶長2年(1597)に完成した。
下見板が黒いところから「烏城」とも呼ばれる。
昭和20年に空襲で消失したが、昭和41年(1966)に鉄筋コンクリート造り三層六重の天守を再建、平成8年に金箔瓦と金の鯱に改修され内容も一新し、平成9年1月よりリニューアルオープン。
岡山市北区丸の内2-3-1 
TEL086-225-2096 
(個人)大人300円、小人120円 
(開館時間)9:00~17:00
(休日)特別展開催日前後 
(駐車場)普通車50台 市営駐車場利用 
 
岡山城ホームページ
   モバイルはこちら      モバイルはこちら    モバイルはこちら  
 
岡山後楽園   ルネスホール 岡山県立図書館
岡山藩主池田綱政が重臣の津田永忠に命じて貞亨3年(1686)から14年の歳月をかけて、元禄13年(1700)に概ね完成させた林泉回遊式の大名庭園。13万㎡に及ぶ広大な敷地に池・築山・樹林などを配した林泉回遊式庭園で、日本3大名園の一つに数えられている。国指定史跡「岡山城跡」にも含まれている。中央の唯心山からの眺めが最高とされるが、延養亭からの景色も捨て難い魅力がある。岡山城と共に街のシンボルとなっている。
岡山市北区後楽園1-5 TEL086-272-1148 
(個人)大人400円小人140円シニア140円
(開館時間)7;30~18:00(4~9月)、8:00~17:00(10月~3月)
(休日)無休
(駐車場)無料 普通車150台、バス25台 アクセス 城下電停より徒歩10分

岡山後楽園HP
  大正11年竣工の歴史的建造物である旧日本銀行岡山支店本館を音楽等の芸術を気軽に楽しむことが出来る多目的ホールとして再生。多目的ホール280名 ホール利用料金午前10時~正午7,000円
(付)スタインウェイピアノ、音響、証明設備、ケータリング用パントリー カフェ
岡山市北区内山下1-6-20 TEL086-225-3003
(駐車場)無

ルネスホールHP
岡山県庁の向かい側、背後には岡山城も見える好位置に立地。岡山と言う地方都市にありながら、利用者数、貸し出し数とも全国の都道府県立の図書館の中でトップ。
旅行の途中その土地の情報を仕入れるのに訪れるのも一法。
岡山市北区丸の内2丁目6-30 TEL086-224-1286 
蔵書数230万冊(閲覧室 30万冊、書庫200万冊)
(駐車場)普通車174台 100円/時間 最初の1時間は無料
 

県立図書館HP

  Travel Mini Guide Book 「てがるに岡山」
 「岡山県観光便覧」を参考に作成
 
旭川河畔   後楽園外苑 岡山県庁
  旭川河畔ー岡山後楽園~京橋付近ー
JR岡山駅からわずか1㎞余りの所にこのような自然と触れ合える空間があるのが岡山市の素晴らしいところ。
日本三名園の一つといわれる岡山後楽園も勿論素晴らしいが、後楽園の周囲ー外苑ーには約1.7㎞の遊歩道が設けられており自然と触れ合いながらゆっくりと散策を楽しむことができる。
また、旭川をはさんだ後楽園の対岸にも遊歩道や河川敷を利用した親水空間が設けられている。
    岡山後楽園外苑
岡山後楽園は、旭川の左岸に造られた庭園であるが東側に水路が設けられている為、中洲のようになっている。
庭園の周囲には緑豊かな約1.7㎞の遊歩道が設けられており、旭川の水面や季節により変化樹木を眺めながらの散策に最適。
 
岡山県庁
TEL086-224-2111(案内電話)
〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6
交通:岡山電気鉄道岡山県庁通り停留所から約5分
 
 
   広告  
  517densy
岡山市民会館   土光敏夫先生記念苑 路面電車のりば
  岡山市民会館
TEL086-223-2165
〒700-0823 岡山市北区丸の内2-1-1
コンサート、舞踊、式典など多用途に使用可能
座席数1718席(内車椅子席 4席)
大ホール・会議室10室
現在新築移転の計画が持ち上がっている。
岡山市民会館ホームページ
..
 
    土光敏夫先生記念苑
土光敏夫先生の生涯は、日々新たな精進の積み重ねで、終生チャレンジ精神を持ち続け幾多の難関を打ち破ってこられた。
晩年、国の行政改革を担うや、日本の将来を思う強い決意をもって全力を尽され「社会は豊かに 個人は質素に 思想は高く 暮らしは低く」の信条を自ら実践された。
「メザシの土光さん」と親しまれた先生の質素な生活、率先垂範の行動は多くの人々に感動と勇気を与えた。
我が国の将来に新たな飛躍の礎を築かれた。
   土光敏夫先生顕彰碑建設委員会
(現地案内板より抜粋)
  岡山路面電車乗り場城下
岡山カルチャーゾーンへは、路面電車ー岡山電気軌道ー城下停留所で降りるのが便利。
  
 
 
岡山プラザホテル(宿泊申込)   岡山城西丸西手櫓 二の丸 池田光政公隠居所跡ー旧内山下小学校ー
  岡山プラザホテル GoogleMap
TEL086-272-1201 
〒703-8256 岡山市中区浜2-3-12
(客室種類) 和1 洋シングル36  ツイン20 DX ツイン5 ダブル6 スイート1
(収容人員) 113人 
(付帯設備) 会議室 宴会場 売店
(宿泊料金) 8,000円~45,000円 税サ込 食事無 
(食事料金) 朝食1,430円~1,650円 夕食メニューによる
(交通) JR岡山駅/車5分  
山陽自動車道岡山IC/車25分 
(駐車場) 普通車350台
    岡山城西丸西手櫓
国指定重要文化財
西丸西手櫓は、慶長8(1603)年、姫路城主 池田輝政(てるまさ)の子利隆(としたか)が藩政代行のため岡山に在城していた時に建築された。
東西三間半(6.4メートル)、南北五間(9.1メートル)の二階建て櫓。
 
  池田光政公隠居所跡
旧内山下小学校の校地は、江戸時代には岡山城二の丸西丸であり、池田光政公がこの場所を隠居所にした。
光政公は、寛永9(1632)年に国替えで鳥取藩主から岡山藩主となり、行政組織の改革、法制規則の整備、新田開発、教育の普及と学校整備、宗教施策などの治績を残し、藩政を確立した名君と称されている。
光政公は岡山城本丸で治世にあたったが、寛文12(1672)年に隠居して西丸を居所にしたので、以後この場所が藩主の隠居所となった。
      岡山市教育委員会
(現地案内板) 
 
   モバイルはこちら     モバイルはこちら   モバイルはこちら  
 
衛生会館(左)・三光荘(右)ー休館中―   衛生会館 旧岡山藩藩学跡
            国指定史跡 旧岡山藩藩学跡 大正11年3月8日指定
岡山藩藩学は、藩主池田光政が寛文九年(1669)に藩士の子弟教育のため創設した学校である。
学校の敷地は南北202.5メートル(112間半)、東西110.7メートル(61間半)もあり、南から南門(本瓦葺き、薬医門)、泮池、校門(入母屋造り、本瓦葺き)、講堂(入母屋造り、本瓦(錣)葺き、建築面積120坪)、中室、食堂を一列に配し建てられ、東側に文学場五舎、西側に演武場五舎等が配置されていた。
 岡山市教育委員会
現地案内板より抜粋 
 
             
  岡山市街地駐車場     モバイルはこちら     モバイルはこちら  
  岡山市街地駐車場
岡山市中心部の市街地にある主要駐車場を掲載。
岡山の中心市街地は、1㎞四方程度の範囲内にあり、そのまわりには、岡山カルチャーゾーン岡山駅西口地区、岡山市役所、岡山大学病院などがある。
従って、移動には徒歩でも十分な距離であるが、
路面電車市内循環バス「めぐりん」岡山市コミュニティサイクル「ももちゃりなどを利用してもわずか100円ほどで移動でき、コンパクトで便利な都市である。
従って、駐車場利用に当たっては、目的によって思いもかけない所に有利な条件で利用できる駐車場があることがわかる。
また、駐車場の利用料金の設定も各駐車場様々な工夫を凝らしているので目的に合った有利な条件の駐車場を探してみるのも面白い。
 
           
  Home 岡山・備前地域へ 岡山市へ