醍醐寺の桜と上醍醐参拝 GoogleMap

醍醐山の略史
醍醐山は弘法大師の法孫である聖宝理源大師の開創になる。醍醐とは五味のなか最上の滋味といわれ、それは牛乳を精製し酪となし精製を重ねて出来上がったものをいい、弘法大師は
真言の教えをして一切仏教の最勝のものであるとし醍醐をもって喩(たとえ)とされている。
醍醐寺縁起に聖宝尊師は貞観16年(874)「未だ令法久住の地を得ず。普明寺に於て仏法相応の霊地を祈念す。その祈請に応えて五色の瑞雲、当山の峰に聳え伝々」とあり、また「師、
雲を望み訪ねて嶺にいたり、白髪の老翁来りて古葉をかき分け水を掬(く)んで、喫して曰く、ああ醍醐味なるかなと。師その化人なるを知りてこの山に伽藍を建て密教を弘めんとす。
翁曰く、転法輪の勝地たり、密乗を弘めて衆生を利せよ。われ山主なり、永く和尚に献ぜん」と忽然として消え、そこに清涼な水が滾々(こんこん)と湧き出ていた。後に石を畳んで他日のし
るしとす。更に山に大柏樹ありて三宝鳥その上に鳴く。その柏樹を伐り梵音加持し准胝(じゅんてい)、如意輪の観世音を刻み堂宇を建立し、翁の言をかりて醍醐寺と名づくとある。
延喜の聖帝醍醐天皇の叡信厚く勅願寺となり、山上山下に堂塔が建立された。
このあと聖宝尊師の弟子観賢僧正が醍醐寺の第一世の座主となり朱雀、村上両帝は五重の大塔を建立し、旧記によると五百有余の堂宇が立ち醍醐山万代の基盤が確立した。
寺史に傑出した高徳を挙げれば、弘法大師の諡号(しごう)奏請に力をいたし高野山の廟窟を開いて親しく更衣(ころもがえ)し奉った観賢僧正、平安期に三宝院を開基し醍醐山
の繁栄をもたらした勝覚僧正あり、また東大寺再建に活躍した俊乗坊重源(ちょうげん)上人も、山に住み宋版の一切経を施入し西大谷に湯屋を建て西国巡礼に薬湯を供したという。
足利尊氏が深く帰依した南北朝の歴史に名を留める賢俊僧正、また南朝復興に画策した弘真僧正、足利幕府の黒衣の宰相と義満の支持を受けた満済准后等々枚挙にいとまない。
文明2年の戦火により醍醐山の堂宇が悉く消失したが豊臣秀吉の帰依を厚くし醍醐寺を中興した義演准后が、慶長3年3月有名な太閤秀吉「醍醐の花見」が行われたのを期に、ほぼ現
在の伽藍に再興されたのである。
上醍醐への道は険しく難所であるが、開山聖宝尊師は宇多天皇の勅を奉じて大峰山修業の道を再興し役行者の芳蠋(ほうたく)を明らかにした験者であり修験道の中興の祖と仰がれ
ていることは忘れてはならない。現在の上醍醐から石山寺へ抜ける巡礼道も、昔は験者の往来する行者道でもあった。
(現地案内板より)
醍醐寺伽藍配置図 醍醐山全景鳥瞰図

醍醐寺総門 総門内参道のサクラ 総門内参道のサクラ
総門を入るともうそこは桜の園。左側に三宝院の門があり、そこからは素晴らしい枝垂桜を見ることが出来る。門の前を右にまわると、霊宝館への路、その路の両側にも桜が満開に咲いている。
三宝院の門の前をまっすぐに進むと、醍醐寺の西大門に至る。
右手には塀越しに霊宝館の枝垂桜が見える。この桜を見ただけでも霊宝館に植えられている桜がいかに素晴らしいか想像することができる。
霊宝館前のサクラ 三宝院門 三宝院 枝垂桜
醍醐寺参道 霊宝館 霊宝館 枝垂桜
霊宝館のサクラ 霊宝館のサクラ 風月茶屋
醍醐山登山口 女人堂 女人堂前
登山道 不動の滝 不動の滝付近 登山道
当山は平安の昔、貞観16年(西暦874)に弘法大師の法孫、聖宝理源大師によって開かれたお寺であります。
特に聖宝尊師は、修験道(山伏)の中興の祖と仰がれ、その道風を今に残す山で貴重なる道場でもあります。
山上には平安、室町、桃山の各時代の国宝建造物や各種重要文化財が保存されています。又、全山が歴史的風土特別地区に指定されています。
お山は修験道場に限らずとも、人間精神の道場である。頂上に立つ爽快さは、どうしても頂上に立つことなくしては体感できない。がんばれ、降りの道は苦しさを伴っても
楽しい。人間精神を鍛える原始の場、山こそは、その価値を失はぬ神秘の姿である。
(不動の瀧 現地案内板より)
登山道 音羽大権現 登山道
十六丁付近 開山堂 山上社務所
清龍宮拝殿 醍醐水 清龍宮本殿
国宝 清龍宮拝殿
創立は寛治2年(1088)であるが、此の堂は永享6年(1434)に再建され現在に至っている。
邸宅風の手法を用いたつつましやかで親しみやすい建築で、古風で純粋な伝統的手法が繊細で垢ぬけした姿で活かされており洗練された気品を備え、高く評価されている。
醍醐水
貞観16年6月(874)聖宝理源大師当山開創のみぎりこのところに於て地主神横尾明神の影現にあい「永く此の地を師に献ぜむ。よく密教を弘め群生を利済せよ、吾も亦擁護せむ」
と告げ、落葉をかきわけ、その下から湧出した泉をくんで「あヽ醍醐味なる哉」の言葉をのこして忽然と姿を消されたと伝えられ、尊師は、そのところに石をたたんで閼伽井とされ
笠取山の古名をあらためて醍醐山と称せられるにいたったもので醍醐寺発祥の霊泉である。
醍醐とは乳製品で五味の最上なる者の名称であるが、この寺の場合は、心の糧として仏法が最高であることをいわんとするものである。
(現地案内板より)
准胝堂 薬師堂 薬師堂から五大堂へ
准胝(じゅんてい)
創建は貞観16年(874)である。醍醐山開創に当り、自から刻まれた准胝観世音菩薩像を祀り元慶元年僧正遍照を導師として開眼法要をいとなまれたのが、その濫觴(らんしょう)である。
然し再度の炎上と再建を重ねたことは惜みてもあまりあるものがある。
当寺は西国第11番札所霊場として知られ求児、安産、子育、治病延命の大慈大悲の御請願は深く大衆の崇信するところである。
往昔、醍醐天皇は、皇子の降誕を祈られ遂に朱雀、村上両帝の御誕生をみるにいたり爾来、歴代の聖帝また、求児安産を祈られる事度々であった。
此の新堂は、十方施主の浄財寄進により、昭和43年5月に再建落慶をみたものである。
国宝 薬師堂
此の堂の創立は、延喜7年で開山聖宝理源大師の時に遡るが、現在の堂は保安2年(1121)に再建なったもので、山上伽藍に於ては最古の建造物で数少ない平安時代の遺構と
して貴重なものである。堂内蟇股は、所謂本蟇股の最も古い例の一つである。
本尊薬師如来座像は脇侍の日光、月光両菩薩と共に国宝に指定されており聖宝の弟子会理僧都作になるもので貞観後期の豪快な気分を、十分に感じさせる優美な作品である。
又、歴代の聖帝が御病気の平癒を祈られる度に金箔を尊像にはり加えられたことは事は有名であり「箔薬師」の名で厚い信仰を集めている。
(現地案内板より)
五大堂へ 五大堂 如意輪堂
五大堂
醍醐天皇御願により、延喜7年(907)に建立された五大堂であるが、再建の都度に祝融(しゅくゆう)にあい慶長11年豊臣秀頼再建の様式を伝え昭和15年に再建された
ものである。
お祀りしてある不動明王、降三世夜叉明王、軍荼利夜叉明王、大威徳明王、金剛夜叉明王、国土安泰、消除不詳の御請願をもち、”五大力さん”の通称で尊崇され、毎年
2月23日仁王会大法要が厳修された盗難除、災難身代りの霊符が授与されている。
重要文化財 如意輪堂
此の堂宇は、開山大師が准胝堂と共に自己の如意輪観音菩薩を祀られた由緒深いものであるが、再三焼失しその都度再建され現在の建物は、慶長11年に豊臣秀頼に
より再建されたものであるが、その木造りは全て大阪に於いておこなわれたものである。
醍醐寺新要録によれば「結構花見前代の堂に十倍」とあり、此の堂の再建当時の美麗と昔時の堂の簡素さがしのばれる。
本尊はニ臂如意輪観音で、豊家ゆかりの女房衆の寄進になるものである。
(現地案内板より)
白山大権現 開山堂 御陵
重要文化財 開山堂
最初延喜年間に建立され次いで寛治6年(1092)に改築されたが、其後2回にわたり祝融(しゅくゆう)にあい現在の堂宇は慶長11年(1606)豊臣秀頼の再建されたもので、
雄大な桃山時代調をよく発揮した山上最大の建造物である。其の様式に於ては注意を要する点が多々あるが外観に於ては、側面前端の間の扉で、ここでは縁が切断
されており、扉が亀腹上にまで達しておることである。
堂の内内陣には、中央に開山聖宝理源大師、左に弘法大師、右に醍醐寺一世座主観賢僧正の像が奉安されてある。
(現地案内板より)
醍醐の花見 醍醐寺への路(地下鉄醍醐駅より)
醍醐の花見
慶長3年(1598)3月15日、秀吉は一世の善美を尽くした花見をこの槍山で催した。
千畳敷きとも呼ばれる平地には新しい花見御殿がたてられた。又、女人堂から槍山の間には長束正家をはじめ各武将により趣向をこらした茶屋八棟が設けられた。
この花見にさきがけて山内馬場先から槍山に至る両側には畿内より集めた桜の木七百本を植えさせた。
花見の当日、秀吉は秀頼・北政所・西の丸(淀君)・松の丸・三の丸を従え、山下の桜が一望できる槍山の御殿で花見の和歌を短冊にしたため桜の枝につり下げた。
秀吉の栄華を誇る豪華な花見であった。
[保存資料]重文・醍醐花見短冊(131葉・霊宝館所蔵) 重文・純浄観(旧花見茶屋・三宝院に移築)
                総本山 醍醐寺
(現地案内板より)