吹屋笹畝坑道
  30fukiko 吹屋銅山の歴史
吹屋銅山は、大同2年(807年)に発見されたと伝えられ、古書に備中の産物に関する記載があるが、吹屋の銅山としての記録は、戦国時代尼子氏(あまこし)と毛利氏の争奪戦以来、江戸時代初期一時、成羽藩の支配下にあったが、大部分の間は、天領(てんりょう)幕府直轄地で代官の支配下で稼いでいた。
長い歴史の中で繁栄期は、次の三期であった。
時代      元禄年間(1690)    享保~天保年間(1716~1842)      明治~昭和(1873~1930)
経営者    泉屋 (住友)      福岡屋 (大塚)                三菱  (岩崎)
継続年数     35年         2回で107年                   57年
江戸時代の採掘は手掘りで、鉱区も小範囲であったが、坑内の排水が非常に困難であり水抜坑道を掘りぬいた時期が繁栄していた。明治以降三菱金属(株)の経営となり、付近の小山を吸収合併し、自家発電所を設け、削岩機を使い精錬等の作業を機械化し、日本で初めて洋式溶鉱炉を造り、日本三大鉱山の一つとなった。
この鉱山は笹畝(ささうね)と称し、支山(しざん)であったが、後年は地下で本坑道(坂本)と連絡している。
ここでは、黄銅鉱、磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)が産出し、特に江戸時代にはこの地から馬の背に乗せて成羽町下原の総門まで運ばれ、高瀬舟により玉島まで行き、海路を利用し大坂の鋼役所へ運ばれていた。
 
 
          
          
      笹畝鉱山の地質
笹畝鉱山の地質は粘板岩及び石英玢岩(ひんがん)で、これが井ノ辻山を構成している。
井ノ辻山の北山麓が当鉱山で、粘板岩及び、粘板岩が変質した輝石岩「ホルンフェルス」が発達している。
鉱床の上盤は石英玢岩、下盤は輝石岩である。樋石(ひせき)は輝石角閃石(かくせんせき)、石榴石(ざくろいし)、鉱石は黄銅鉱及び少量の磁硫鉄鉱(硫化鉄鉱)
があり、鉱石は角閃石中に斑点状或は、鉱染状をなして含まれており含有量は3%程度である。本鉱床は石英玢岩と粘板岩との接触鉱床に属して接触面に沿って
掘下ったり堀すすんで多量の黄銅鉱を産出している。
 
 
          
      現地案内板