吹屋町並み
         
   吹屋街並み   吹屋街並み     べんがら屋(べんがら染め)  
       
   長尾醤油・酒店          
吹屋の町並の由来
標高五百米の山嶺に、塗込造りベンガラ格子の堂々たる町家が建ち並んでいるのは、江戸時代から明治にかけて中国筋第一の鉱山町に加えて江戸時代末期からベンガラという特産品の生産が重なり、当時の鉱業地として大いに繁昌した面影である。
幕末から明治にかけて吹屋はむしろ「弁柄の町」として全国に知られていた。しかも吹屋街道を拠点として、銅や中国山地で生産される砂鉄、蒔炭、雑穀を集散する問屋も多く、備中北部から荷駄の行列が吹屋に続き旅籠や飲食店の建ち並ぶ山間の市場として吹屋の繁昌を保っていた。
これらの鋼や鉄、弁柄は吹屋から更に馬に負わされて成羽に運ばれ、それから高瀬舟で玉島港に集められ、玉島港から上方や西国へ輸送されたのである。江戸時代から成羽や玉島の繁昌は、吹屋の鉱工業に負うところが大きかったと言われています。
当時の俗謡に
吹屋よいとこ 金吹く音が
      聞こえますぞえ 窓坂え
吹屋よいとこ 金掘るところ
      掘れば掘るほど 金が出る
場所じゃ場所じゃ 吹屋は場所じゃ
     東城やせ馬 来る場所じゃ
これらの俗謡は、当時の状況を歌ったものである。
 
ベンガラ(酸化鉄)
緑碧(硫化鉄)を原料とし精製した赤色顔料で、古くから、九谷焼、伊万里、京焼などの陶磁器の赤絵、能登、輪島などの漆器、衣料の染色、家屋、船舶の塗料など色々な方面に使われた。
吹屋銅山
今から千余年前、平安時代に発見され徳川時代は、直轄地(天領)となり代官の支配下で全国の銅山師が請負って経営した。
そのうち住友(泉屋)、大塚(福岡屋)、明治になり岩崎(三菱)の経営の三期が、ピークで町も大いに栄えた。
 
   
現地案内板