福山市ばら公園 GoogleMap

福山市ばら公園 ばら公園の生いたち
城下町として発展した福山は、戦災により市街地のほとんどが焦土と化してしまいました。
戦後の復興事業で設けられたこの公園の一角に「荒廃した街に潤いを与え、人々の心に和らぎを取りもどそう」を合いことばに、付近の人々を中心に市民有志が、ばらの
苗木千本を植えたことが契機となり、ばら公園が誕生しました。
その後もばらは福山を愛する市民と共に増え続け、ばらの街、福山を代表する美しい公園になりました。
春と秋には、いろとりどりのばらが香り豊かに咲きほこり、広く市民に親しまれています。
毎年5月には、この公園を中心に市民の花の祭典、福山ばら祭が華やかに開かれます。
                                            昭和59年
ばらは、昭和60年4月1日福山市の花に制定されました。

バラ公園の建設  それは私たち町民の夢であり努力の目標でした。尊い奉仕の汗を流して新しい希望のバラ苗1,000本を植えつけたのは昭和31年の春でした。
以来徳永市長の熱意によって市と地元の力が強く結びつき、緊密な協力のもとに建設が進められ10年の星霜をかさねて、ついに天下に誇るバラ公園が完成しました。
この地元住民の積極的な市民活動の実績が高く評価され、昭和42年の「全国美しい町づくり賞」を受賞しましたので、その栄誉を記念し市民の将来へのともしびとするため、
ここに記念碑を建てます。
              昭和43年5月         花園町々内会
                                                                                       福山市ばら公園・緑町公園案内図

  

 

ばら公園 ばら公園 ばら公園
ばら公園 ばら公園 ばら公園