皇居東御苑 天守台

天守台
最初の天守閣は、1607年、二代将軍秀忠の代に完成したが、その後大修築され、1638年、三代将軍家光の代に、江戸幕府の権威を象徴する国内で最も大きな天守閣が完成。
外観5層、内部6階で、地上からの高さは59メートル。
しかし、わずか19年後の1657年、明暦の大火(振袖火事)で、飛び火により全焼し、以後再建されず。

                                                             (財)菊葉文化協会・贈(財)日本宝くじ協会の現地案内板を参考に作成