日吉大社 坂本 滋賀県
日吉大社 山王鳥居
日吉大社西本宮本殿 西本宮 楼門
山王総本宮 日吉大社
御祭神 東本宮 大山咋神(おおやまぐいのかみ) 家内安全・土地守護・縁結び・子孫繁栄
      西本宮 大巳貴神(おおなむらのかみ)   方災除・家業繁栄・福徳開運
大山咋神は地主神として神代の昔から比叡山の守護神と鎮座され、大巳貴神は天智天皇が大津に都を定められた時に国家鎮護の神として奈良の三輪山より
遷し祀られました。今からおよそ1,300年程前のことであります。
この二柱の大神を日吉大社と称し歴代の天皇を始め武将から庶民に至るまで厚い崇敬の誠をささげてきました。
なかでも、1,200年前伝教大師が比叡山延暦寺を開基して以来当神社を一山の守護神として仰ぎ、日吉山王信仰は全国各地に一層広まったのであります。
現在日吉大社をまつるお社は全国に及び3,800余社を数え尊い日吉大神の御神徳が広く仰がれています。

境内総面積 13万坪 全域史跡指定
国宝        東西両本宮   本殿      二棟
重要文化財    東西両本宮   拝殿      二棟
同          東西両本宮   楼門      二棟
同          摂    社    本殿及拝殿 十棟
同          神輿(みこし)  山王上七社 七基
同          日吉三橋     (石造橋)   三基
県指定文化財  山王鳥居             一基                                           
                                  (現地案内板)
                                                                    日吉大社案内図
 
国宝 建造物
日吉大社西本宮本殿(ひよしたいしゃにしほんぐうほんでん) 一棟 (大津市坂本五丁目)

この本殿は、桁行五間(けたゆきごけん)、梁間三間(はりまさんげん)、日吉造(ひえづくり)、桧皮葺(ひわだぶき)の建物です。
日吉造は、一名を聖帝造(しょうたいづくり)ともいい、全国では、日吉大社だけにみられる特殊な構造です。
つまり、三間・二間の身舎(もや)の前面、両側面の三方に廂(ひさし)がめぐらされた形で、側面や背面にその特色を見せています。
また、正面には、一間の向拝(こうはい)と浜床(はまゆか)をつけ、縁高欄(えんこうらん)がまわりをめぐっています。
天正(てんしょう)14(1586)年に復興(ふっこう)されたものですが、慶長(けいちょう)2(1597)年に改造されています。
昭和36(1961)年に国宝に指定されました。
                                                                                      大津市教育委員会
(現地案内板より)
平成4(1992)年3月
National Treasure (Building)
Hiyoshi Taisha Shrine
Nishi-Hongu (Western Main Shrine), Main Shrine
日吉大社と平家物語
日吉大社は、比叡山延暦寺が建立され天台宗が開かれると、その守護神として仏教とも深い関係となり山王大権現とか日吉山王とか呼ばれ都の鎮護の神として高い崇拝を受けた。
そして、平安末期の平家隆盛の頃には、延暦寺の僧兵が法皇ですらひれふさねばならないと言われる日吉大社の神輿を担いで都の朝廷に強訴するまでになった。
若き清盛はこの神輿に矢を射掛け僧兵たちの度肝を抜いたといわれている。
大宮橋日吉三橋とその説明有) 西本宮 本殿 西本宮 拝殿
日吉大社 宇佐宮 拝殿 日吉大社 宇佐宮 本殿 日吉大社 白山姫神社 拝殿
日吉大社 白山姫神社 本殿 日吉神社 境内 神輿収蔵庫
東本宮 楼門 東本宮 樹下神社 拝殿
樹下神社 神輿 樹下神社 本殿 東本宮 拝殿
東本宮 本殿 清らかな水が・・・ 日吉大社の狛犬
日吉神社参道(重要伝統的建造物群保存地区入口)