岩間山本山寺(ほんざんじ)岡山県 美咲町 Honzanji Temple GoogleMap
本堂 三重塔
本山寺(天台宗)
奈良時代に修験道の始祖=役小角(えんのおづぬ)によって創建されたと伝えられる古刹で、山上仏教の最盛期には山内に120坊も擁していたという。
現在でも境内には、国・県指定重文の建造物や石造物などが多数ある。
(交通)JR津山線弓削駅/車15分 JR津山線津山駅/吉ヶ原行きバス20分/大戸下車徒歩90分 中国自動車道津山IC/車30分
(駐車場)車150台 バス5台
岡山県 美咲町定宗403 Tel0868-62-1050
                                                                      岡山県観光便覧
本山寺 本堂 国指定重要文化財 大正12年3月28日
南北朝時代の観応元年(1350)の建築とみられる寺内最古の建造物で、県内では長福寺三重塔に次ぐ古い木造建築物。
内部の厨子は千鳥唐破風を配した、珍しい入母屋造りの構造である。
                                                                                    本山寺案内図
   
仁王門 境内 常行堂
この寺は、美作地方の寺院のうち最古のもので役小角の開基、鑑真和上の最高といわれる天台宗の寺院である。国指定の中で、三重塔は平成元年(1989)
三年がかりで修復工事が完了し、現在のその優美な姿が再現されている。                                          
(現地案内板より)
天人影向の松 鐘楼 カゴノキ(名木百選)
美作地方きっての古刹。
奈良時代に修験道の始祖・役小角(えんのおづぬ)によって創建されたと伝えられる。山上仏教の最盛時には三内に120坊も擁していたという。
現在も七堂伽藍が整っていて、本堂(南北朝初期の優れた堂建築の代表的なものとされ、県下の本堂としては最古のものである)・三重塔(津山藩主、森長継が承応元年(1652)に再建したもので、外部は木彫りが太く伝統的な手法を用いており、装飾的な細部はないが内部の構造は当時としては新しい手法を取り入れた貴重なものである)(どちらも国重文)や常行堂・長屋・仁王門(いずれも県重文)など文化財の宝庫である。天台宗。
美作西国33所観音霊場 第1番 十一面観音
仁王門・寺侍長屋 寺侍長屋 客殿の門
天台宗 岩間山本山寺
沿革 大宝元年(701)頼観上人の創建で、本尊は観世音菩薩である。当初は南方の山頂に在ったが、天永元年(1110)現在地に移り、大いに発展し百廿坊と言われた。
古来、山岳仏教の道場として、又、庶民信仰の霊地として栄えた。長承元年(1132)稲岡ノ庄(誕生寺)の漆間時国公夫妻が参詣、祈願して生れたのが、後の浄土宗の宗祖と仰がれる法然上人(源空)である。降って江戸時代になると津山藩の祈願所として、尊ばれ、又、森候の時代には、美作の天台宗の触れ頭であった。山内寺院のうち、遍照院・仏性院・梅元院の三院が院内頭であったが、今では皆、合併して本坊一ヶ寺となった。現在の境内地は4200坪、十余棟の堂塔伽藍は、昔に変らぬ面影を伝えている。
文化財
国指定 本堂(1350) 三重塔(1652) 宝篋印塔(1335)
県指定 常行堂(1519) 御霊屋(1652) 仁王門(1686) 長屋(1845) 宝篋印塔(1399) 鬼面(1362) 六角型舎利塔(1344)
      絹本著色両界曼荼羅図二幅(鎌倉末期)
注意 文化財を大切にしましょう。 お寺の境内で木や竹などを採取、折損すること、焚火、落書、及び土足で諸堂へ上ることは、堅くおことわりします。
                                                                              美咲町教育委員会
(現地案内板)
客殿 噴水 御霊廟
御霊廟 御霊廟 宝篋印塔
歓喜茰 山王堂 宝篋印塔
本山寺の境内について
古くから、本堂を中心に、東西13丁余り、南北廿五丁余りの広大な地域を境内といい、その周囲に廿一本の杭を打って、目印にしていたことが、作陽誌(元禄年間に津山藩で編集した書物)にあり、明治初年まで続きました。
所が維新後、明治9年(1876)になって、政府は「上地を命ず」といって、境内地の大部分に当る百廿六町六反余りの山林・田畑を没収しました。更に第二次大戦後の農地改革で、六町三反ほどの田畑を失いましたので、昔とは比較にならないほど、狭いものになっております。けれども私共は、此の千古の霊場を、末長く護持・活用するために、数多い堂塔の修理と、残された山林の育成に、着々努力しております。
凡そ山寺にとって、山は単なる財産ではなく、山林がすなわち道場であり、うっそうと茂った広い静かな山中に、古い諸堂が点在してこそ、山寺らしいといえましょう。
ご参詣の皆様は、このことをよくよくご理解の上、由緒ある当寺の境内を、山林も建物も含めて常に愛護・尊重していただきますようお願い致します。

美作三十三ヶ所 観音霊場第一番 天台宗 岩間山 本山寺

(注意)境内の木や竹などを、採取・折損したり、たき火したりすることは、堅くおことわりします。
石造六角型舎利塔

 

お買い物に使えるYahoo!ポイント   

Home 美咲町へ戻る