国指定史跡 神宮寺山古墳(じんぐうじやまこふん) 昭和34年5月13日指定 GoogleMap
後円部
神宮寺山古墳 前方部
国指定史跡 神宮寺山古墳
神宮寺山古墳は、三段築成の大型前方後円墳である。規模は、全長約150メートル、後円部径約70メートル、高さ約13メートルを計測する。
この古墳は沖積平野に築造されており、大部分が盛土で築成されている。後円部には、現在天計神社が祀られているが、竪穴式石室の所在を予測させる天井石が露出している。
また、副室の小型竪穴式石室が知られており、そこから多量の鉄製農具(鍬・鎌等)・工具(鋸・やりがんな・のみ等)や武器(刀・剣等)等が出土した。
前方部からもかって、古刀・甲冑・槍・鉾の残片が出土したと伝えられ、そこに埋葬施設があった可能性もある。
墳丘の各所に円礫葺石が見られ、また埴輪の破片が採集されている。古墳築成時期は4世紀末から5世紀初頭頃と推定されている。
昭和34年5月13日に国の史跡指定を受けた。
    平成5年3月  岡山市教育委員会
天井石
(現地案内板より)