鏡野町の旅 GoogleMap     
             
        
       
モバイルはこちら
     
   
  越畑ふるさと村 奥津渓 県立森林公園のマユミ  
  広告   
     
  鏡野町          ホームページ     町内GoogleMap   奥津・上齋原地図   
  鏡野町町役場
TEL0868-54-2111
〒708-0392 苫田郡鏡野町竹田660 
三大河川の一つ吉井川の上流域に位置する鏡野町は、多くの河川の上流域がそうであるように、いくつかの支流に分かれており、それぞれの支流毎に美しい渓谷美が広がっている。
また、こうした自然の中に、上斎原、奥津、のとろなど幾箇所か温泉の湧出もみられる。
  中でも、神話時代にまで遡る歴史を有するという奥津温泉は、映画「秋津温泉」の舞台にもなった、温泉で、昔から多くの文人墨客が滞在した山間の湯治場であり、美人の湯としても知られている。
また、上斎原高原、県立森林公園、越畑ふるさと村など、キャンプやスキー、自然観察など自然のなかでのスポーツや散策を愛する人たちにとっても訪れるところは多い。

人口 14,544人(県内第19位) うち65歳以上4,727人(32.5%) 
世帯数 5,468世帯
  総面積 419.69平方km(県内第7位) 町の木−カシ 長の花−リンドウ、サクラ 町の鳥−ヤマセミ
祭り・イベント等:布施神社お田植祭(5月) 大納涼祭(7月) 富ひらめ祭り(8月) 産業まつり(9月) 氷紋まつり(1月)、
名物・特産: はちみつ 地鶏料理 リンドウ アストロメリア なめこ すずのこ缶詰 ひらめ しいたけ
平成17年3月1日 苫田郡富村 奥津町 上斎原村 鏡野町が合併(新設)
 
       
なかよし風車 鏡野町(男女山より) 山田養蜂場
鏡野町(旧) 町役場
〒708-0392 苫田郡鏡野町竹田 660
県の北部中央に位置し、北は鏡野町奥津地区・上斎原地区に、東は津山市加茂地区・津山市(旧)に、南は津山市久米地区に、西は真庭市久世町・鏡野町富地区に接している。
北に泉山を臨み、清流加々美川が流れ、緑豊かな田園風景に彩られた鏡野町は、竹田の遺跡が示すように縄文時代から人が暮らしていた。
弥生時代になって、稲作を中心とした豊かな生活が営まれるようになると香々美や大野などの村が発展し、これらの首長をまつる古墳が赤峪、観音山につくられた。
  観音山古墳から出土した三角獣四神四獣鏡は中国から伝わったもので、当時津山盆地を支配する豪族から贈られたものとみられている。大和朝廷の時代、香美には全国の重要な地域にだけ中央から派遣された、鏡作りの職人である鏡作部が入植した。
この鏡とこのあたり一帯を指す野介荘の字をとって鏡野と名付けられた。

現在、鏡野町では、国際的なスイスの教育学者「ベスタロッチ」の理論を取り入れ知識・心・体をともに育てる教育に着手している。
 

越畑ふるさとむら(大自然の息吹に包まれた越畑ふるさと村は、山里の暮らしぶりを体験できる地。
国際交流ビラは外国人同伴で利用できる宿泊施設) 
中林の滝 香ヶ美ダム 中林の滝 寺ヶ谷の滝 極楽寺 円通寺 男女山公園 小田草神社 中谷神社 弘秀寺 近衛殿 福泉寺 新町宿場町 
鏡野町物産館
「夢広場」 男女山(おとめやま)公園  山田養蜂場 鏡野町(奥津温泉・上齋原)宿泊施設 越畑ふるさとセンター

   広告  
奥津湖 奥津渓谷 奥津温泉

鏡野町奥津地区 鏡野町奥津振興センター 
TEL0868-52-2211
〒708-0421 鏡野町井坂495 
県の北部に位置し、北は鳥取県・鏡野町上斎原地区に、東・南は鏡野町(旧)に、西は鏡野町富地区に接している。

中国山地の山懐にあって、町の中央を吉井川が南北に流れ、その清流沿いにいくつかの平地が形成されている。

 

奥津温泉をはじめ、奥津渓、県立森林公園、泉源キャンプ場など豊富な自然と観光資源に恵まれ、四季折々の自然を楽しむことができる。

直木賞作家「藤原審爾」の小説”秋津温泉”の舞台でもある。
奥津(奥津湖 奥津渓谷(甌穴)奥津温泉)大神宮原高原 銭星岩 河内不動の滝 石引山古墳 西屋城跡 河鹿園(棟方志功ゆかりの茶室「妙知庵」) 宝樹寺

 

奥津温泉花美人の里奥津温泉 大釣温泉 鏡野町(奥津温泉・上齋原)宿泊施設 奥津ファームビレッジ「耕心村」 星の里 キャンプビレッジ
泉源キャンプ場

恩原高原オートキャンプ場 恩原高原 県立森林公園

鏡野町上齋原地区 鏡野町上斎原振興センター 
TEL0868-44-2111
〒708-0601 鏡野町上齋原514−1
恩原高原・上齋原(恩原湖 オートキャンプ場 スキー場)
県立森林公園(すぐれた自然環境の森林を保護するとともに、自然とのふれあいを通じて自然への理解を深めるために、明治10年事業の一つとして昭和50年7月に開園された。

  面積333haのうち、大部分はブナ、ミズナラなどの落葉広葉樹で、一部にカラマツ、スギ、ヒノキの人工林がある。バイケイソウ、ザゼンソウ等の湿原植物も季節を追って出現し、四季を通じて変化する素晴らしい自然景観と眺望を楽しむことが出来る。
森林公園の近くの森の中にある泉源キャンプ場は、自然の起伏を利用したキャンプ場で、近くには美しい泉源渓谷があり、ヤマメのつかみ捕りも楽しめる。) 
  スキー場 美しい恩原湖を抱く恩原高原は自然とのふれあい基地。山菜狩り、ハイキング、オートキャンプ、そしてスキーが楽しめる。また、かみさいばら温泉を利用した 国民宿舎いつきにはヴァルトホールやスポーツ施設等が整備され、文化とスポーツが楽しめる。
恩原高原オートキャンプ場 恩原高原青少年旅行村 鏡野町(奥津温泉・上齋原)宿泊施設 
民宿 スキー場
  旧森江家住宅    のとろ原キャンプ場    布施神社   
鏡野町富地区 鏡野町富振興センター
TEL0867-57-2111
〒719-3301 鏡野町富西谷125−1
県の北部、中央西寄りに位置し、北は中和村、東は奥津町・鏡野町、南は久世町、西は湯原町に接している。
  村は、中国山地の山懐にあり、旭川の支流沿いの平地に発達してきた。8,000年前にすでに人が住んでいたことを物語る出土品の土器があり、また、村内では平安末期より800年ほど続いた、お田植祭の神事が毎年行われている。
中北部には、大空山、不溜山などの1,000m級の山々が連なり、地形は急峻であるが、白賀渓谷、塔滝渓谷などに代表される清流があり、四季折々のすばらしい自然の表情を私達に示してくれる。
 

冨地区(旧森江家住宅―江戸中期、約300年前に建てられた農家―国の重要文化財 のとろ原キャンプ場―ひらめのつかみとり・布施神社白賀渓谷鍛冶屋たたら遺跡・塔滝渓谷・登美山荘・福田神社)

祭り 布施神社のお田植え祭
のとろ温泉

岡山県市町村ハンドブックより(平成20年版)
http://tabioka.com/i.html

携帯電話ホームページ用バーコード↑
旅おかやま(たびおか)(iモード)

Home English 津山・美作地域