備中高松城水攻め跡-清水宗治- GoogleMap      
        
        
     
    宗治蓮   
     
    宗治首塚ー従四位 清水長佐衛門尉宗治公首塚ー   備中高松城址資料館  
  広告    
   
  高松城水攻略史黒田官兵衛ゆかりの地ー更に詳しくは⇒旅 瀬戸内(たびせと)サイトの備中高松城水攻めのページへ
今から約400年前の天正10年(1582)織田信長の命を受けた羽柴秀吉は、備中国南東部に侵入し、毛利方の諸城を次々と攻略すると共に、3万の大軍をもって備中高松城を攻めた秀吉は、高松城の城主、清水宗治に利をもって降伏するように勧めたが、儀を重んじる宗治はこれに応じなかった。
高松城は深田や沼沢の中に囲まれた平城で、水面との比高がわずか4mしかなく、人馬の進み難い要害の城であった。
秀吉は参謀黒田官米兵衛の献策に歴史にも稀な水攻めを断行し、兵糧攻めにした。秀吉は、備前国主、宇喜多氏の家臣千原九衛門勝則を奉行とし、3千メートルに及ぶ水攻めもわずか12日間で完成させた。
時あたかも梅雨の頃で、増水した足守川の水を流し込みたちまちにして188ヘクタールの大湖水ができ、城は孤立した。6月2日の未明、京都本能寺で信長は明智光秀に討たれた。
秀吉はこれをかたく秘めて毛利方の軍師、安国寺を招き「今日中に和を結べば毛利から領土は取らない。宗治の首だけで城兵の命は助ける」という条件で宗治を説かした。
宗治は「主家の安泰と部下5千の命が助かるなら明4日切腹する」と自刃を承諾した。
時に6月4日乙の刻(午前10時)湖上に船を漕ぎ出し秀吉から贈られた酒肴で最後の宴を張り、誓願寺の曲舞を舞い、「浮世をば今こそ渡れ武士の名を高松の苔に残して」と辞世の句を残して46才を一期として見事自刃した。
                             現地案内板より      高松城水攻め配陣図  高松城跡パノラマ  
 
   
    備中高松城水攻め跡ー左の林の中には宗治公の首塚が右の蔵は備中高松城址資料館、林の背後には最上稲荷奥之院一乗寺のある竜王山が見えるー  
       
  宗治辞世の句碑 宗治蓮 宗治公胴塚  
  広告      
     
  備中高松城水攻め関係歴史(現地案内版よりー高松城水攻築堤跡)
 永禄8年  (1565)      清水宗治 高松城主になる
 天正2年  (1574)      清水宗治 毛利氏に属する
 天正9年  (1581)   11月    小早川隆景 三原城に備中七城の城主を招く。
         ご馳走を振る舞い刀を授ける。宗治、隆景に力の限り戦い、最後はこの刀で切腹する覚悟と断言する。
 天正10年  (1582)  3月15日    秀吉2万の軍勢を率いて姫路城を出陣 19日 秀吉勢 宇喜多の沼城に到着 16日間滞在して、石山(岡山)城の宇喜多の動向を探る。
     4月15日    秀吉勢 竜王山に着陣
     16日    秀吉、鍛冶山城から宮路山城を攻める(5月2日落城)
     25日    冠山城落城 忍者に火を放たれ、城主 林重真切腹中島元行と清水右衛門が秀吉陣に夜討ちをかける。
     27日    清水宗治秀吉勢と戦う 宗治 味方を100人失うも総力戦で400もの首を取る
     5月 1日    秀吉「水攻め」を決定する。黒田官兵衛の提案により前代未聞の「水攻め」に着手する。
     5月 2日    宮地山城落城 清水宗治、宇喜多陣に攻め込むも敗れる。
     8日    築堤工事に着手 底部24m、上部12m、高さ8m、長さ3qに及ぶ大堤防を12日間で築いたとされる。
     11日    秀吉 陣を石井山に移す。 竜王山から、高松城に一番近い石井山に陣を移す。
     不明    日幡城(ひはたじょう) 裏切にて落城する。
         上原元佑(毛利)秀吉に寝返り、城主日幡六郎兵衛を討ち取り日幡城を開城。後日、隆景が城を取り戻す。
     16日    鴨庄城(かものしょうじょう) 裏切にあうも応戦し勝利する。加勢の生石中務が寝返ったが、毛利家臣桂民部は数十人を討ち取り勝利。
     19日    築堤が完成する 数日で満水となり、城は孤城となる。
     21日    毛利の援軍到着 輝元を大将に4万 輝元は猿掛城、隆景は日差山、元春は庚申山。
     6月 2日    本能寺の変 織田信長、高松に向け出陣するが、本能寺で明智光秀に討たれ自刃。
     3日    秀吉、光秀から毛利への使者を捕らえ、信長の死を知る。秀吉は急ぎ安国寺恵瓊(えけい)を呼び、毛利と講和する。
     6月 4日    清水宗治 自刃 小舟を浮かべ、舞をまい、唄をうたい湖上に散る。46歳。辞世の句。 浮世をば 今こそ渡れ 武士の名を 高松の 苔に残して。
         ーこれ以降の日程は、小和田哲男著「黒田如水」(ミネルヴァ書房)を参考に作成ー
    5日    毛利軍撤退開始ーこの時黒田官兵衛は、小早川隆景より毛利軍の旗を20本借りているー
ここから始まる中国大返しの成功が羽柴秀吉の天下取りへの大きなきっかけとなっている。これを助けたのが高松城水攻めから中国大返しにおける黒田官兵衛の智恵と秀吉の情報力であろう。
 中国大返し  6日    吉川元春、小早川隆景撤退。6日午後 秀吉軍撤退開始⇒岡山⇒沼(亀山)城(6日夜着) 高松⇔沼城間 約22q
     7日    沼城(6日朝発)⇒
    8日    姫路城(8日朝着) 沼城⇔姫路城間 約55q
    9日    姫路城(9日朝発)⇒明石⇒兵庫⇒尼ヶ崎まで約80q ー兵庫あたりから秀吉軍は小早川隆景より借りた旗を掲げながら行進ー
    11日    尼ヶ崎(11日朝着)
    12日    尼ヶ崎(12日朝発)⇒富田(12日夜着) 尼ヶ崎⇔富田間 約23q
    13日    富田(13日午後発)⇒山崎合戦ー天王山の戦いー(13日午後)
 
   広告  
   
     
   高松城水攻築堤跡ー蛙が鼻築堤跡   鷹ノ巣城跡    羽柴秀吉本陣跡ー備中高松城水攻めー  
  高松城水攻築堤跡
天正10年、羽柴秀吉が高松城を水攻めにするときにわずか12日間で築いた堤防の東端部。
当時は、高さ8m、上部の幅12m、底部の幅24m、長さ約3qもある。
  
  鷹ノ巣城跡ー小早川隆景陣ー備中高松城水攻めー
羽柴秀吉軍の備中高松城、水攻めに対して、毛利方の小早川隆景が陣を構えたと言われる鷹ノ巣城跡からの眺望は本当に素晴らしい。
備中高松城水攻めの全域は勿論、秀吉軍、毛利軍両方の軍の各陣全体を見渡すことができる。
さらに、この地域は、吉備国の中心地として栄えた所であるが、鷹ノ巣城跡からは、その地域全体、すなわち左は、雪舟の修行した宝福寺備中国分寺付近から、鬼ノ城雪舟誕生の地造山古墳矢喰宮足守陣屋跡高松最上稲荷とその 奥之院一乗寺ある竜王山、吉備津神社・吉備津彦の命の墓と言われる茶臼山古墳のある吉備の中山、さらに楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺のある王墓の丘史跡公園など吉備地方の歴史を考える上では欠かすことのできない地域全体を一望の下に見渡すことができる。
 
  羽柴秀吉本陣跡ー備中高松城水攻めー
高松城水攻めの際、羽柴秀吉は、石井山持寶院境内に本陣を構えた。
天正10(1582)年6月4日、講和の条件として自刃した清水宗治公の首級は、この本陣に於いて、秀吉の首実検の後手厚く葬られ、一基の五輪塔を建立されたといわれている。
その後、地元の偉人を称える郷土愛は宗治公の顕彰へと進展し、明治42年に備中高松城本丸跡へ首塚の移築がなされた。(現地案内板参考) 
 
 
         
   宇喜多忠家陣所ー八幡山ー    吉川元春陣所ー庚申山ー    小早川隆景陣所ー日差山ー  
  宇喜多忠家陣所ー八幡山ー
備中高松城水攻めの際、織田方に付いた宇喜多秀家の叔父、宇喜多忠家(直家の弟)が陣を張った八幡山。
現在は、八幡神社が鎮座している。
備中高松城跡と秀吉陣跡方面の見晴らしが良い。
  吉川元春陣所跡ー庚申山(こうしんやま)ー備中高松城水攻めー
庚申山の由来ー昔この山には、積善寺という多くの堂塔僧房をもち、楼門を構えた大寺があったが天正10(1582)年高松城水攻の時、毛利の勇将吉川元春がここを陣所としたため、その兵火によってことごとく焼失したと伝えられている。
その後度々復興を企てられたが、元禄4(1691)年に至り本隆寺の住持日正が新たに堂宇を建立し、大梵天王、帝釈天王、及び鬼子母神を奉祀して、庚申祭を行った。
それ以来、霊験あらたかな日本三代庚申の一として広く世に知られるに至ったのである。
この山の眺望は眼下に全国第4位の造山古墳があり、東方には吉備津神社の鎮座する吉備の中山が連なり、遠く児島の金甲山一帯が展望される。
また、足守川を隔てて高松城水攻の跡を俯瞰することができる。
        高松商工会 高松観光協会
(現地案内板) 
  小早川隆景陣所ー日差山ー
備中高松城水攻め時、小早川隆景の陣が有った所は、鷹巣城跡との事。
日差山の毘沙門天(日差山寺)近くには駐車場があり、ここまでは車で来ることができるが、ここから鷹巣城跡までは約800m、20分程歩く必要があるため、今回はここから高松城水攻め跡を眺めることにした。
ここ日差山を通る倉敷北部全山縦走コースは、明るい歩きやすく、眺望も良いコースの様子なので、また一度是非鷹巣城方面への散策に来たいと思っている。
 
 
         
   日幡城跡    黒田官兵衛陣跡ー御崎宮ー    清水宗治公自刃の地  
  日幡城跡ー高松城水攻めー
中国地方の雄、毛利氏が、羽柴秀吉率いる織田軍との戦いに備え整備した防衛ライン「備中七城」(庭瀬城・松島城・日幡城・加茂城・高松城・冠山城・宮路山城)の一つ。
天正10(1582)年の織田軍の毛利攻めの際、秀吉軍の懐柔工作によって一旦は落城するが、毛利軍から派遣された軍監、上原元祐(元祐の妻は毛利元就の娘)の裏切りによる落城に怒った小早川隆景が猛反撃に出た為秀吉軍は城を開けて引き揚げたといわれている。
  黒田官兵衛陣跡ー御崎宮ー備中高松城水攻めー
織田軍の毛利攻めの際、羽柴秀吉の軍師、黒田官兵衛が陣を張ったとされる所。
羽柴秀吉の本陣のある石井山の麓にあり、秀吉と連絡を取るには最適の所である。
  清水宗治公自刃の地 清水宗治公供養塔
顕彰の記
天正10年6月4日
 浮世をば 今こそ渡れ武士の名を 高松の苔に残して
と辞世の句を詠じて自刃せられたる高松城主清水長左衛門宗治公の至誠を後世に伝え怨親平等正邪一如の見地より両軍戦没者の霊を併せ弔らはんが為め瀬野妙光大法尼は十方有縁の士を結集して昭和38年5月8日此の地に大供養塔を建立し開眼法要を営む。
茲に大法尼の遺徳をたたえ後孫及び同志相はかり顕彰碑を建立しその業績を誌して碑文となす。
    昭和52年11月吉日
  当山第15代慈玄院日詔
(現地顕彰碑より)  
この供養塔が建てられたのは、高松知行所の旗本花房氏の菩提寺 妙玄寺の境内であった所。
現在妙玄寺の本堂は無いが近く建立される予定とのこと。
 
           
    ごうやぶ遺跡          
  ごうやぶ遺跡ー備中高松城水攻めー
三の丸総門のわきにあり、1582年6月4日死出の宗治等の舟を追うて宗治の僕、七郎二郎と月清の馬の口取興十郎とが「一足先に三途の川でお待ち申します」と互いに差し違えた所。
(現地案内板)
         
       Home 岡山・備前地域へ 吉備路へ 岡山市へ