吉備の中山 吉備路 岡山県 GoogleMap
吉備津神社
吉備津神社社殿と吉備の中山。この山の山頂南峰には、吉備津彦命の墓といわれている中山茶臼山古墳がある。 吉備津彦神社
吉備津神社や吉備津彦神社の背後には、古くから吉備の中心に位置し、人々から崇められていた吉備の中山がある。
吉備津神社や吉備津彦神社に参拝した方で歴史や自然に興味の或る方には、是非とも吉備の中山を散策することをお勧め。吉備の歴史や自然をより深く理解するよい機会となるでしょう。
自然の中を散策することは、心身の健康にもよいこと間違いなし。散策には、10月〜5月の間が最適。
冬は、寒いと思い敬遠しがちですが、少し歩けば、すぐに暖かくなるし、結構晴れの日も多い。寒風が吹いていても山の木立の中は、結構暖かい。
吉備の中山
吉備の中山は、遠い昔この地方が吉備の国と呼ばれていた頃、その中心に位置していたことからその名がついたと言われています。
温暖な気候と肥沃な土地、それに豊かな自然に恵まれた吉備の国は、大和の国にも対抗し得る力をもったと考えられ、それがために後に、備前・備中・備後さらには美作に分国されることになります。
この時、備前と備中は、太古より神奈備山(かむなびやま)として崇めていた「吉備の中山」を二つに分ける形で国境を定めました。
そして備前も備中も、その国にとって最も大切な神社の一宮を中山の麓に置きました。
国府から遠く離れたこの地に一宮があるということは、吉備の中山に対する崇拝が如何に高かったかを如実に物語っていると言えます。
                   
                                                                              吉備の中山案内図 コース 吉備の中山散策
                                                                           (現地案内板より・岡山県古代吉備文化センター付近にあり)
吉備津神社
8月2〜3日に行われる「御田植え神事」、「御幡献納神事」は室町時代からの伝統行事として、また秋祭りの「流鏑馬」は鎌倉時代から武者により奉納されたと伝えられている勇壮な神事。
(吉備の中山案内板より)
はなぐり塚
牛魂供養の「はなぐり塚」は、陰徳積善を掲げる法団福田海の経営で大正14年の創設、横穴式古墳の前に、馬頭観音の銅像を安置して本尊とし、全国のと場から送られてきた牛の鼻ぐりを山形に積み、その数およそ600万。毎月第三日曜日に供養を行い、なお、春秋二季に護摩をたいて蓄魂祭を営んでいる。                     岡山県・岡山市 現地案内板より
吉備の中山(はなぐり塚附近)
真かねふくきびの中山おひにせる ほそたに川のおとのさやけさ
古今集に見える吉備の中山は、岡山市の西部、旧山陽道の南に坐した山塊で、備前・備中の両国にまたがっている。
南嶺には四道将軍吉備津彦命のお墓(前方後円墳)があり、西のふもとに吉備津神社、東のふもとに吉備津彦神社
現地案内板
藤原成親遺跡(ruins of Narichika Fujiwara)
大納言藤原成親は、京都鹿ヶ谷において僧俊寛らと平家打倒を企てましたが発覚し、清盛により治承元年(1177)下津井に流され、さらに吉備の中山、有木の別所に移されこの地で非業の最後を遂げました。 現地案内板より
岡山県古代吉備文化財センター 岡山市西花尻1325−3 TEL086-293-3211 ホームページ
岡山県は、古代吉備文化発祥の地として貴重な埋蔵文化財が数多く残されているところで、当センターでは発掘調査、研究、展示を行い、埋蔵文化財への理解増進と保護思想の普及に努めています 現地案内板より
(展示種類)埋蔵文化財 (特色)遺跡から出土した土器や石器を展示している。(写真パネルや展示模型なども使って詳細に展示されている。
(料金)無料 (開館時間)9:00〜17:00 (休館)年末年始
(交通)JR山陽本線庭瀬駅/車10分 JR吉備線吉備津駅/徒歩25分 岡山自動車道岡山総社IC/車15分
(駐車場)普通車30台
岡山市西花尻1325−3 086-293-3211
                     (岡山県観光便覧)
吉備津神社の回廊の西端にある道路を登った所に位置する。車で5分ほど
中山茶臼山古墳 岡山市吉備津
吉備の中山の南の峰にある、全長120mの前方後円墳。4世紀初頭の築造で、四道将軍として大和から派遣され吉備の国を治めた
吉備津彦命の墓として宮内庁が整備管理をしている。 
                       (現地案内板より)
岡山県古代吉備文化センターから吉備津神社方面に坂道を下って200m程の所、右手に中山茶臼山茶臼山古墳への階段がある。
この階段を登っていくと古墳の正面に出る。
古墳の南側の広場からは岡山平野を一望することが出来る。

中山茶臼山古墳(なかやまちゃうすやまこふん)
吉備の中山の南の峰にある、全長120mの前方後円墳。
4世紀初頭の築造で、四道将軍として大和から派遣され吉備の国を治めた吉備津彦命の陵墓として宮内庁が整備管理している。
(吉備の中山案内板より)
中山茶臼山古墳への階段(下り方面を撮影) 中山茶臼山古墳前広場 中山茶臼山古墳前広場から常山・妹尾方面
中山茶臼山古墳前から八徳寺への散策路 山桜の大木 八徳寺遺跡
大守大藤内家宅址 徳寿寺 横穴式石室と成親供養塔
  藤原成親供養塔
大納言 藤原成親の供養塔と伝えられる五輪の塔は、古墳時代後期(6世紀)の横穴式石室の中に於かれている。
(吉備の中山案内板より)    
 
吉備の中山散策路 元宮磐座 経塚
  元宮磐座(もとみやいわくら)
吉備津彦の元宮として大切にされ、磐座祭などの神事が行われている。
(吉備の中山案内板より)    
 
八大龍王 岡山市街(八大龍王より) 龍王山
  八大龍王
吉備の中山で一番高い龍王山の山頂にある。古代には日照りが続くとここで雨乞いが行われていた。
小さな祠は江戸時代に造れらたもの。
(吉備の中山案内板)
 
天柱岩(てんちゅういわ) 天柱岩登山口 両国橋
  天柱岩(てんちゅういわ)
天柱の文字が刻まれているために、「天柱岩」と呼ばれているが、それ以前は「権現岩」と呼ばれていた。
(吉備の中山案内板)      
 
高麗寺仁王門跡 ダイボーの足跡 奥宮磐座(いわくら)
  八畳岩磐座(はちじょういわいわくら)
周辺には大小かなりの数の岩が並んでおり、古代の祭祀場であったと考えれれている。
一番大きな八畳岩の根本の土中から土師器が採取された。(吉備の中山案内板より)
    
 
鏡岩 環状石籬(かんじょうせきり) 夫婦岩遺跡
  鏡岩
巨石の面が鏡のように平であることから鏡岩と呼ばれている。(吉備の中山案内板より)
 
吉備の中山散策路 石舟古墳 穴観音(あなかんのん)
  石舟古墳(いしふねこふん)
6世紀頃の横穴式石室。穴の中の石棺には絶えず清水がたたえられ、この水は潮の干満によってその水量が変わると伝えられている。
(吉備の中山案内板より)
穴観音(あなかんのん)
複数ある石の一つの正面に観音像、左側に20pほどの穴が掘られていて、ここに耳をあてると「観音様の声が聞こえる」と伝えられている。
(吉備の中山案内板より)    
 
神道山 栄西禅師誕生聖地 妹尾太郎兼康公墓
尾上車山古墳 吉備の中山の国境石 真金一里塚
「吉備の中山散策のしおり」 頒布価格300円(発行:吉備の中山を守る会 事務局:岡山市一宮1043番地 吉備津彦神社内 086-284-0031)
が平成21年1月1日付けで発行されております。頒布場所:吉備津彦神社随神門前茶屋および吉備津彦神社
私も、早速手に入れて訪れましたが、地図もわかりやすく、旧跡についての案内も親切で非常に便利です。
入手の上散策されることをお勧めします。
この吉備の中山の散策路は、吉備の中山を守る会によって草刈や維持管理がなされております。
私が吉備の中山を訪問した時も、会員の皆様によるボランティア活動がなされておりました。本当にお疲れ様です。
「吉備の中山を守る会」ホームページ 2009年4月5日(日)温羅の花祭りが行われます。
詳細はこちら

 

Home 岡山市へ戻る