鯉喰神社 GoogleMap
   
  鯉喰神社 鳥居 鯉喰神社 拝殿 鯉喰神社 本殿  
 

吉備の国平定のため吉備津彦命が来られた時、この地方の賊温羅が村人達を苦しめていた、戦さを行ったがなかなか勝負がつかない。
その時天より声がし、命がそれに従うと温羅はついに矢尽き刃折て二分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。
すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食した。それを祭るため村人達はここへ鯉喰神社を建立した。
(現地案内板より)
                                                                    岡山県・倉敷市・鯉喰神社

 
           駐車場が1台分程度しかないので注意  

Home 岡山市へ戻る 温羅伝説へ