西丸下乗橋(二重橋)

この鉄橋は、以前は木造橋であった。この木造橋の時代に、技術的な問題から橋の下に足場のための橋が架けられている二段構造になっていた。
そこから、「二重橋」と呼ばれるようになった。
手前の石橋(西丸大手橋)と奥の鉄橋(西丸下乗橋)とが2つ重なっている橋だから「二重橋」というのは正確な解釈ではないが、現在では宮内庁自身も「二重橋」とは
この2つの橋の総称であると言っているようである。
                                                                                          
ウィキペディアを参考に作成