こうもり塚古墳 GoogleMap
石室入口
こうもり塚古墳 玄室(石棺)
国指定史跡 こうもり塚古墳
この古墳は6世紀後半に自然の丘陵を利用してつくられた全長約100mの前方後円墳です。
内部の石室は巨石を用いた横穴式石室で、長い羨道とその奥の玄室とからなっています。玄室には、家形の大きな石棺がおさめられています。
この石棺は井原市野上町産の浪形岩(貝殻石灰岩)を材料としたくり抜き式の石棺です。
ほかにも陶棺や木棺がおさめられており、後記古墳に一般的な複数埋葬であったことがうかがわれます。
この古墳は大きな墳丘や内部の石室、石棺などにみられるように、多くの労働力を集めるjことが出来た支配者層の墳基であることを示しています。
この古墳の出土品の一部は県立吉備郷土館に展示されております。
昭和61年8月   文部省 岡山県教育委員会(現地案内板)                  
                                                                    図解板
羨道

Home 岡山市へ戻る