草津温泉地蔵の湯

地蔵堂と地蔵の湯
地蔵堂は文化5年(1808)の建立です。もともと葛城山常楽院という修験山伏の御堂で、大日堂や不動堂もありましたが、明治の神仏分離令で大日堂は壊され、
不動堂は光泉寺へ寄進されました。本尊は高さ25センチメートルほどの石の地蔵で、木曽義仲の護持仏(ごじぶつ)と伝えられています。
地蔵堂の前には地蔵湯畑、目洗地蔵と共に、草津温泉独特の入浴法「時間湯」が今も行われている地蔵の湯があって、昔から信仰と湯治が深く結びついている
ことを伝えています。
    草津町教育委員会
(現地案内板より)