草津温泉西の河原公園

西の河原公園
草津温泉の西方にあるので「西の河原」と呼んでいます。昔は鬼の泉水」といい、今も鬼の茶釜、鬼の相撲場などの名勝があります。
河原の至るところから摂氏50度以上の温泉が湧き出し、その量は毎分一万五千リットルに及んでおり、湯の川となって流れています。
公園内には町営の大露天風呂や自然資料館(ビジターセンター)のほかに、日本近代医学の恩人ベルツ、スクリバ両博士の胸像や歌人斉藤茂吉の歌碑
などが建っています。四季の風光が素晴らしい温泉公園です。
   草津町 草津町教育委員会
(現地案内板より)