草津山光泉寺本堂

草津山光泉寺略記
本尊 薬師如来 木彫坐像
宗派 真言宗 豊山派
由緒 今を去る1200年の昔僧行基草庵を建て薬師尊を安置されたといふ、後建久4年源頼朝来草の際光泉寺を開基された由緒深き古刹である

真言宗にして温泉別当の格を有し境内には薬師堂、釈迦堂、不動堂、鐘楼等建つ。
本堂 鉄筋コンクリート92坪屋根建具格回廊の高欄等にアルミ材約5トンを使用、別名アルミ寺ともいわれている。
昭和46年11月落慶