松の廊下跡

松の大廊下跡
赤穂浪士討ち入りにつながったことで知られる、浅野内匠頭長矩の吉良上野介義央への刃傷事件(1701年ー元禄14年3月14日午前10時頃)のあったところ。
廊下に沿った襖戸に松と千鳥が描かれていたのが名前の由来といわれている。
本丸御殿の大広間から将軍との対面所である白書院に至る、江戸城中で2番目に長い廊下(全長約50m、幅4mほど)で、畳敷きの立派なものであった。
                                                                             (財)菊葉文化協会・贈(財)日本宝くじ協会の現地案内板を参考に作成