操山 Misaoyama Hill GoogleMap
旗振台古墳から児島湾方面
操山公園里山センター 岡山市街(三勲神社跡より)
   モバイルはこちら    モバイルはこちら  
操山 岡山市沢田649−2 
TEL操山公園里山センター086-270-3308 
FAX086-270-8353 操山公園里山センターホームページ
岡山市街から歩いていける所に自然がいっぱいの里山、操山がある。
季節の良い秋や春の晴れた日の散策は如何でしょうか。
公園内には色々の散策コースが整備され、また、岡山市街や岡山平野、児島湾などを見渡せる眺望の良いところもいくつかある。
明るく、歩いていて非常に楽しい山。
この公園を知るにはまず、柿の産地として有名な沢田にある操山公園里山センターを訪れるのが良い。
操山の豊かな自然とのふれあいや、人と自然が調和した里山の暮らしに親しみ学べる施設として多くの人が訪れている。

センター内には操山にかかわる情報・書物・展示物をはじめ、会議室・ふれあいスペース・多目的ホール等を完備。
屋外には芝生広場・炭焼き小屋・里山農園がある。自然観察会や自然・歴史に関する講座なども開かれている。

また、沢田地区は岡山の市街からごく近いところに位置しながら日本のよき農村風景をそのまま残している。
  操山公園には、多くの登山口があり、その入り口や公園の中には案内板や道標も完備しており安心して訪れることが出来る。
操山公園には、多くの登山口があり、その入り口や公園の中には案内板や道標も完備しており安心して訪れることが出来る。
公園案内図1 操山公園案内図2 操山公園案内図3
操山は、岡山市東部に位置する。
面積が258ha,高さ169mの雑木林の丘陵地。
後楽園の借景の山で、江戸時代は池田藩の藩林地。
現在、操山の西半分は国有林で自然休養林指定を受けている。
山上には4ヶ所程展望の開けた所があって岡山市街地や遠く小豆島、瀬戸内海などを眺めることが出来る。
(駐車場)普通車16台
              岡山県観光便覧」より
岡山市の中にも、まだこんなに自然が残っているのかと、改めて操山の多様さ、奥深さに驚く。
  曹源寺の総門を出発点に西に向かい、新池のそばにあるテクテクロード案内標に沿って上っていくと、まるで京都、嵯峨野の竹林を思わせるような竹林に出くわす。
その竹林を抜けて、正面に岡山自動車学校が見える三叉路を右に回りなだらかな坂道を300m余り登ると不動尊への道案内標がある。
それに従って右に回りしばらくいき、湿地植物の案内板を横目に登って行くと、不動明王を祭ってある社がある。
この円山不動明王とすぐそばにある円山招福稲荷に参って、八大竜王への案内表に従って急な坂道を登り切ると、八大竜王の祭ってある高台にたどり着く。
以前はここから備前平野のすばらしい眺めを楽しむことが出来たが、最近樹木が大きくなってその眺望もままならなくなってきたのは残念。
これも自然保護運動の高まりの結果と考えれば止むを得ないのかも。
(最近、観光地などで、このような眺望を保ちたいところは、開発との調和を図りながら伐採しているところもあるが、この八大竜王などもその一つになるのでは?)
   モバイルはこちら   モバイルはこちら    モバイルはこちら   
19soumat 19sousan
曹源寺参道の松並木 曹源寺山門 曹源寺へ 曹源寺遠景
嵯峨野を思わせる竹薮の道 道案内 春がきた
円山不動明王 円山招福稲荷 八大竜王

操山には、多くの古墳が散らばっており、付近には、古くから人が住んでいた所であることを窺い知ることが出来る。
古墳時代、操山の南には海が広がっており、その頃の人たちの見たこの山からの眺めを想像するのも楽しいものである。

八大竜王の隣には、操山山塊の中で最大の古墳である金蔵山古墳がある。
この古墳はかって倉敷考古館主催で発掘調査されたこともあるが、再度2014年度から岡山市教育委員会が5年計画で発掘調査を開始しており、金蔵山古墳の被葬者が大和政権と密接な関わりがあったことを示す重要な発見もなされている。

 

さらに尾根伝いに西の方に行くと、
(1)中が二つに分かれた二股古墳、
(2)吉井川、百間川から旭川までの備前平野や児島湾、児島半島などの眺めの良い八畳岩古墳、
(3)旗振台古墳などを通って庭の美しい仏心寺にたどり着く。

仏心寺は、正徳4年(1714年)岡山寺観念坊円念が藩主池田綱正の許しを受けて、その子継正の援助で出来た天台宗の寺である。
本堂は入母屋造りの茅葺きで、仏堂と言うより大地主か豪族の構え屋敷といった感じである。

  春、緑の中に咲く桜は、後楽園等人出の多い名所に咲くのとは異なった美しさを楽しむことが出来る。
また、金蔵山古墳を西に進み、操山自然休養林の案内板のある三叉路を北の沢田方面に下りると、竹林と柿畑の道を通って沢田の里そして操山公園里山センターに行くことが出来る。
   モバイルはこちら   モバイルはこちら     モバイルはこちら  
妙見大菩薩 八大竜王全景 金蔵山古墳への道
金蔵山古墳 沢田の上からの岡山市北部 沢田の里
金蔵山古墳
岡山市沢田
全長約165m、後円部の高さが18mの大型前方後円墳で、造山古墳(岡山市)、作山古墳(総社市)、両宮山古墳(赤磐市)に次ぐ県下4番目の大きさ。
造られた時期は4世紀末〜5世紀とされており、この時代では西日本最大の規模を誇る。
1953年の発掘調査の結果、この古墳から鉄製品を始めとした多数の副葬品や、多くの各種埴輪が出土している。
(現地案内板を参考)
2014年度からは、岡山市教育委員会が5年計画で発掘調査を開始しており、金蔵山古墳の被葬者が大和政権と密接な関わりがあったことを示す重要な発見もなされている。
       
恩徳寺 山門 恩徳寺 本堂 操山公園里山センター
   モバイルはこちら    モバイルはこちら    モバイルはこちら  
里山センターふれあい広場 沢田⇔円山路 沢田⇔円山路
二股古墳 八畳岩古墳 八畳岩古墳から備前平野方面
操山 三畳岩展望所より(東区・中区方面)右向こうに児島湾・中央少し右に児島湾口

二股古墳
この古墳は、二股古墳を中心に十基の横穴式石室が集中して六世紀後半に築造された群集墳。
横穴式石室古墳は六世紀初め頃から築造され出した古墳で、それまでの古墳に比べ古墳の規模は小さいながらも数が爆発的に多く、操山古墳群でも75%までがこの古墳である。

  中心の二股古墳は、山寄せの円墳で、内部の横穴式石室が二股になっている全国的にも例を見ない貴重なもの。
石室の規模は主室長5.1m、同幅1.2m、同高1.7m、支室長4.3m、同幅1.3m、同高1.3mです。他の九基の古墳は一般的な小型の、横穴式石室墳ですが、墳丘の一部がなくなったり、石室の一部が自然に破壊したりしている。
 
  これらの古墳は、全体が一つの群としてまとまったもので、六世紀後半から7世紀前半にかけての「古代家族」や集落の様相、状態、性格を示す貴重なもの。
           昭和46年11月 岡山市教育委員会
沢田裏山古墳 旗振台休憩舎 旗振台古墳
仏心寺 明禅寺城跡 旗振台下の案内板

仏心寺
阿弥陀如来を本尊とする天台宗の寺院で瑞光山仏心寺と言う。正徳4(1714)年岡山藩主池田綱政の姉(一条右大臣教輔夫人)の発願による建立と伝えられる。
綱政の子継政も堂宇の完成のため資金(金1,000両)や寺領(100石)・山林を寄進している。
境内には創建当初の本堂、表門、それに宝暦12(1762)年建立の観音堂、ダキニ天堂等の建物が配されている。

  石垣をめぐらした伽藍と本堂の草屋根は落ち着いた雰囲気を醸し
出している。
寺宝の一つに蓮糸織の掛物がある。
市指定重要文化財(工芸)蓮糸絹、昭和42年11月7日指定
蓮糸絹とは、縦が白い絹糸、横が蓮糸で織られた珍しい織物、布の大きさは幅32.2cm,長さ64.8cm 久米郡桑村の尼僧「貞蓮尼」がみずから織ったと伝えられている。
  これに、綱政の子継政が「南無阿弥陀仏」と六字の号名を墨書し、掛物として表装したものである。宝暦元(1751)年の作           現地案内板より 平成6年3月 岡山市教育委員会   
                  仏心寺へ
   モバイルはこちら    モバイルはこちら   モバイルはこちら   
   
萩の塚古墳 萩の塚古墳への路 ふれあいの辻
操山山頂 カナメモチの並木 操山園地休憩舎
東山方面眺望(操山園地より) カナメモチの並木と落ちない石 三勲神社跡地
クスの森 操山公園入口 操山奥市登山口
岡山護国神社 手打うどん・そば さぬき源氏 ピクニックレストラン
ハローズ円山店 天満屋ハッピータウン円山店 喫茶まるやま
里山センターふれあい広場 てくてくロード操山ルート案内図 テクテクロード路上プレート
てくてくロード操山ルート
総延長距離:約15.6km 総称費エネルギー:約6,400kcal
操山ルートは、岡山城、石山門跡、林原美術館など歴史・文化資源が数多く分布するカルチャーゾーン、御成川沿いや内田百間にちなんだ資源を散策する
.
  御成川ゾーン、操山を登り、古代の歴史や尾根沿いに市街地の俯瞰を楽しむ操山ゾーン、曹源寺周辺の歴史をたどる曹源寺ゾーンといった、岡山の歴史、
文化、自然の多様さに身近に接することができます。
(現地案内板より)さらに詳しくは⇒てくてくロード操山ルート案内図
   
  モバイルはこちら    モバイルはこちら    モバイルはこちら   
道案内標(分かれ道に設置) 操山公園で見られる湿性植物 操山公園で見られる野鳥
       岡山市中心部ホテル・旅館地図GoogleMap   Home 岡山・備前地域へ 岡山市へ