日本初の擬木(ぎぼく)の橋

日本初の擬木の橋
この橋は、日本で最初の擬木の橋と言われています。擬木とは、木の幹に似せてコンクリートや石でつくったものの事です。
明治38年にフランスから貰ったもので、三人のフランス人がついてきて現場で組み立てました。
何度か修理されましたが、当時の姿のまま残され今日に至っています。                                     国民公園 新宿御苑
(現地案内板)