カルスト山荘キャンプ場 新見市草間 
県内キャンプ場GoogleMap
 
   
             
        
     
モバイルはこちら 
     
カルスト山荘キャンプ場(草間台地) GoogleMap

TEL草間自然休養センター「カルスト山荘」0867-74-2077 新見市草間
(テントサイト) 10基40人
(施設) 炊事棟 テニスコート 運動広場 展望風呂 焼肉ハウス
(料金) 300円
(宿泊施設) カルスト山荘(40人) バンガロー6人用(2棟) 宿泊施設4人用(6棟)
(利用時期) 7, 8月
(利用時間) 15:00〜翌10:00
(休日) 月曜日
(交通) JR伯備線井倉駅/豊水行きバス15分/植木松下車徒歩3分
   中国自動車道新見IC/車30分
(駐車場) 普通車30台 バス5台
草間台地(羅生門・そば道場田舎屋・新見市自然休養村センター・井倉洞・満奇洞・カルスト台地岡山県新見市草間 Kusama Plateau GoogleMap
天然記念物 羅生門(第二門)
天然記念物 羅生門(第一門) 天然記念物 羅生門(第三門)
   モバイルはこちら      

【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!  

高梁川上流域には、石灰岩でできたカルスト台地が点在している。
国道180号線を高梁から新見方面にドライブしていくと、まず、白い絹布を岩肌に掛けたように優雅で美しい絹掛の滝に出くわす。
この滝が石灰岩でできたカルスト台地との最初の出会いである。
さらに、しばらく北上すると、西日本では、洞内延長が秋芳洞に次ぐ規模を誇る、井倉洞に到着する。
井倉洞の入り口は、高梁川の浸食によって刻まれた直立240mの絶壁の下方にある。

井倉洞の、この直立した台地の上はどのようになっているのだろうか。近くの曲がりくねった道路をしばらく登っていくと、これが山の上なのかと思われる、下の写真のような、
平地に到達する。ここが草間台地といわれる、カルスト台地の上部である。

この台地では、カルスト台地特有のさまざまの風景と出会うことが出来る。
草間自然休養村「カルスト山荘」に設けられた展望台からの高梁川の眺めは、この台地の置かれている状況の一つを垣間見ることが出来る非常に興味ある眺めである。

井倉峡 高梁川の清流によって刻まれた、高さ240mにも及ぶ石灰岩の絶壁。秋の紅葉は石灰岩の灰色とのコントラストが美しい。
井倉洞 全長1,200m。高さ240mの絶壁の麓に開いた入り口から奥へ奥へと幻想的な世界が広がっていて、山口の秋芳洞にも匹敵する規模を誇っている。
ライトアップされた洞内には、瀬戸の海、虹の谷、白銀の扉などど名づけられた自然の造形が、次から次へと幽玄美を演出している。新見市井倉 TEL0867-75-2224
満奇洞 総延長450m。あまり大きくないが、鍾乳洞のあらゆる要素を持っていて、「洞穴の博物館」とも呼ばれる。洞名は、昭和初期にここを訪れた歌人の与謝野鉄幹・晶子
夫妻が、その美しさを奇趣に満ちた洞と絶賛したところから名付けられたといわれる。
備中鐘乳穴 1,200年前にはすでに都に知られていた日本最古の鍾乳洞といわれている。
洞内には「夢の宮殿」と名づけられた大広間をはじめ、日本一といわれる、高さ3m、直径5mの大石筍「洞内富士」や22階層からなる「五重塔」など見所が多い。県指定天然記
念物の一部。

そば道場田舎屋 20組の麺打ち台があり、1回80人のそば打ち可。名人の指導でそば粉をねり打つ。できたら「茹でたて」を賞味。
そば打ち (料)1人2,000円 2人2,500円 3人2,800円 (期)通年 (時)10:30〜17:00(受付は10:30〜15:00) 
(所)1〜2時間 (人)70人まで (休)毎週月曜日 (申)要予約(電話で) 勿論、そば料理の賞味だけも可能
新見市草間8729−2(草間自然休養村内) TELカルスト山荘0867-74-2077 ホームページ

新見市自然休養村センター「カルスト山荘」 TEL0867-74-2077 ホームページ 

羅生門 天然記念物 秩父層石灰岩中の石灰洞の天井の一部が崩落して生じた。東洋一の天然の石門。 新見市草間
絹掛の滝 国道180号線沿いにあり、井倉峡の一部として、伯備線や車中から眺めることが出来る。白い絹布を掛けたように優雅で美しいところから、滝の名が付けられた。

国指定天然記念物 羅生門 1930年8月25日指定
羅生門は、石灰岩台地が陥没してできたドリーネと、そこにできた巨大な石灰岩の天然橋とカルストトンネルです。
第一門から第四門までアーチがつながり最深部は羅生門第一洞とよばれ、佐伏川につながる鍾乳洞となっています。
この地域には、チョウジガマズミ・ヤマトレンギョウなどの好石灰岩植物のみならず、夏季に洞口から吹き出す冷質な空気がたまることにより亜寒帯性のイギイチョウゴケや
亜熱帯性のセイナンヒラゴケなどの珍しいコケ植物が生育しています。昆虫では生きた化石といわれるガロアムシや、七月にはドリーネの内外で黄金色の光を点滅させる
ヒメボタルを見ることができます。
羅生門のすばらしい自然環境を大切にし、貴重な動植物を絶滅から守りましょう。
(現地案内板より 駐車場) 羅生門(現地案内地図)

羅生門 国指定天然記念物 昭和5年8月25日指定
羅生門は、標高400m前後の草間台のドリーネにできた石灰岩の巨大なアーチで上部は天然橋となっている。
第一門から第四門までアーチはつながり、末端は、羅生門第一洞と呼ばれる吸い込み穴となる。
成因は古い鍾乳洞が崩落し、一部分が残存してアーチとなった鍾乳洞のなれの果ての姿といってよい。
夏に訪れると、立ち込めるモヤと冷気に寒ささえ感じる。まさに「羅生門」の名にふさわしい鬼気迫る威容があった。
チョウジガマズミ・ヤマトレンギョウなどの好石灰植物のみならず、洞口から吹き出す低温多湿な自然条件により、高山性や北方性のほか、南方系・亜熱帯に生きる貴重な
蘚苔類が隔離分布している。
                                                                                              新見市教育委員会
(現地案内板より)
天然記念物 羅生門(第二門) 天然記念物 羅生門(第三門) 天然記念物 羅生門(第四門)
羅生門 駐車場(無料) 羅生門への遊歩道 羅生門付近の山
モバイルはこちら

満奇洞 入口

満奇洞 Maki Cave

満奇洞 駐車場(無料)

満奇洞 Maki Cave

満奇洞付近の集落

三尾寺 Mio Temple

三尾寺 三尾寺本堂前(本堂は屋根の吹き替え中) ビラージュ・カレンフェルト
草間自然休養村 高梁川(草間台地より) そば畑 草間台地

そば道場 田舎屋(そば打ち体験)

そば道場・田舎屋 Soba・Inakaya

鐘乳穴神社 拝殿

鐘乳穴神社参道 Kanatiana Shrine

鐘乳穴神社 随身門 デコイチ(井倉洞 市営駐車場近く)
井倉洞への道 井倉洞(説明有) 井倉洞 入口
川の浸食 井倉不動(案内あり)
縁結び観音(案内あり)
ぽっくり地蔵(案内あり) 絹掛の滝(案内あり) 不動明王参道
モバイルはこちら
不動明王(案内あり)
そば畑 Soba Field

Home 岡山県オートキャンプ場・キャンプ場へ戻る 兵庫県のキャンプ場・ロッジ・コテージへ