岡山の気候・地形・自然  
         
      
         
気象現象
岡山の地形 岡山県は、北は中国山脈、南は四国山脈にはさまれ、西は九州の山々にまた、南東部は紀伊半島の山々にさえぎられている。
従って、地中海性の穏やかな気候で風水害も比較的少ない。台風やその影響による風雨も、これら周囲の山々で弱められることが多い。
特に県の南部は、雨や雪も少なく晴れの日が多い、比較的乾燥した気候。県の南部で雪が降るのは一年に一回あるかないかの程度。
そうかといって、水不足になるかというと、高梁川、旭川、吉井川の三大河川に恵まれ殆んど水不足になることもない。
また、県内には大きな活断層がないため、地震被害も少ない。旅行するにも、住むにも、企業を誘致するにも最適の地域。
県も検討を始めている様子ですが、活断層から比較的遠く地盤も固いと考えられる、県中南部の高原地帯などは、コンピュータのデータセンターなどの誘致には最適なのでは?
加えて、原油高もここまでくると、いよいよ太陽エネルギーの利用の重要性が高まって来る時代。
「晴れの国岡山」こそ、太陽エネルギーを利用するには最適の土地。
企業誘致や家庭での発電にも最適。さんさんとふりそそぐ太陽の下、クリーンなエネルギーで快適な生活を。
植物 生産者としての植物 
岡山県の植物の特性
植物地理学から見た特性
身近な植物
雑草は七変化が可能
天然記念物の動物 天然記念物の動物、生息・繁殖地
音100選
Home