岡山市街地とその周辺の寺社
長泉寺 大雲寺 日限(ひぎり)地蔵尊 法界院
  薬園山 長泉寺 
本尊 薬師三尊 
創建 永正9年(1509) 
備前藩薬草園の中に創建されたことから薬草山医王院とも称されている。
  大雲寺 日限地蔵尊 
(御利益) 子宝・安産・育児 
大雲寺は、江戸時代初期の城下町整備に伴ってこの地に移され、その時地下から出たと伝えられる地蔵尊が「日限地蔵」として知られてきた。
 
  金剛山 法界院 聖観音 (真言宗)
本尊の木造聖観音像(国指定重文)は藤原時代作の秘仏で33年ごとに開扉される。
仁王門は重層八脚門で、楼門としては県下で屈指の規模である。
 
 
   モバイルはこちら    モバイルはこちら    モバイルはこちら  
広告
     
徳與寺 法鮮尼供養五輪塔 操山山麓の神社仏閣
  法鮮尼遺績碑
この五輪塔は岡山藩主宇喜多秀家の生母おふくの方の供養塔。
おふくの方は、はじめ作州高田城主三浦貞勝の夫人。
落城に遭いやがて宇喜多直家に迎えられ秀家を生んだ。
のち豊公を恃み秀家を五大老として天下に重きをなさしめ戦国時代には家門を高揚した。
 
  法鮮尼遺績碑
この五輪塔は岡山藩主宇喜多秀家の生母おふくの方の供養塔であります。
おふくの方は文禄三年十二月十一日(1594)世を去り蓮昌寺の過去帳に法名阿鮮大姉とあり、俗にお鮮さんと親しみ呼ばれています。
おふくの方は、はじめ作州高田城主三浦貞勝の夫人としてその落城に遭いやがて宇喜多直家に迎えられ秀家を生みました。
のち豊公を恃み秀家を五大老として天下に重きをなさしめ戦国時代には家門を高揚したけなげな女性であります。
前に昭和48年岡山開治400年を記念して烏城公園内に宇喜多父子顕彰碑が建てられましたがその陰の功労者であるおふくの方の名を知る人はまれであります。
よって茲に有志の者相謀りその悲運を悼み且つその遺徳を永く顕彰しようとするものであります。
           昭和58年(1983)4月3日
            法鮮尼顕彰会 
 (現地案内板)
  操山山麓の寺社
操山の西部には、三勲神社跡があり、ここからは岡山市街の眺望がすばらしい。また、この周辺には、春つつじの花がさき散策を楽しむことができる。
操山周辺の山麓には、松琴寺・少林寺・安住院・普門院・護国神社・玉井宮など多くの寺社がある。
 
   モバイルはこちら   モバイルはこちら    モバイルはこちら   
    広告  
     
妙善寺 国清寺 今村宮
  鷲林山 妙善寺(日蓮宗不受布施派)
前身は福輪寺という真言宗の寺であったが、南北朝の初めに京都から来た大覚大僧正と時の住職とが法論の末、大覚に帰依して日蓮宗に改宗した。明治30年に再興。
  国清寺
萬歳山国清寺は、釈迦如来を本尊とする臨済宗妙心寺派の禅寺。慶長14年(1609)池田利隆が建立し、当初は法源寺と号した。
その後、池田家の国替などによって寺歴は複雑化しているが、寛永9年(1632)池田光正が鳥取から移封されると、光正祖父輝政・父利隆を祀る寺として、国清寺と改称した。
 
  今村宮
浮田直家が岡山城を拡張した際、内山下榎の馬場にあった三社明神を現在地に移し、同地の八幡宮と合祀したもの。
本殿は、元和9年(1623)に再建された、桃山時代の特色をよく伝える建物(県指定重文)である。
 
 
宗忠神社 蓮昌寺 金山寺
  モバイルはこちら     モバイルはこちら   モバイルはこちら   
  宗忠神社 (主祭神)黒住宗忠
教派神道の一つである黒住教の教祖を祭神として、京都の神楽園・宗忠神社(文久2年ー1862−鎮座)に続いて、祭神の生誕地に、明治18年(1885)鎮座なった。
黒住教本部は、昭和49年(1974)に岡山市尾上の神道山(しんどうざん)へ遷った。
  蓮昌寺
創建  正慶年中(1333年) 松田元喬ー富山城主(後に金川城主) 
当初は岡山城内にあったが城主の変転に伴い城内で場所を移動、その後、慶長6年(1601年)に現在地に移る。昭和20年(1945年)の空襲により全焼。昭和43年(1968年)新本堂を再建。
 
  金山寺(かなやまじ)
天平勝宝元年(749)に報恩大師が創建、備前48ヵ寺の根本道場として栄えた名刹である。もと裏山の三鈷峰にあったが、康治元年(1142)現在の地に移った。
嘉応年中(1169〜1170)、宋から帰国した栄西禅師が入山ー灌室、護摩堂などを増築して、法相宗から天台宗に改め、遍照院と号した。
文亀元年(1501)金川城主松田氏が日蓮宗への改宗を迫ったが、応じないので一山はことごとく焼き尽くされた。
のち、伯耆の大山寺から法印円智が来山し、岡山城主宇喜多直家の庇護を受け、天正3年(1575)本堂、護摩堂が再建され、また国中の寺社総管になるなど優遇された。
江戸時代に入り、池田光正の時に、天台宗の末寺のみを支配する事に改められたが、地方寺としての地位は不動であった。
現在も一大山上伽藍が遺存し、貴重な文化財が数多い。
 
 
  広告      
     
清泰院
  清泰院
竜峰山清泰院は、備前岡山藩主池田田忠継・忠雄の菩提寺で、新京橋の架橋に伴い小橋町から現在地に移された。
境内には池田忠継廟・忠雄の墓・鉄灯台の指定文化財がある。
         

Home 岡山・備前地域へ 岡山市へ