世界一狭い海峡 土渕海峡 小豆島土庄 香川県

瀬戸内海の真珠ー小豆島・とのしょう
小豆島の西部に位置する土庄町の前島(土庄地区)と小豆島本島「渕崎地区」に挟まれた「土渕海峡」が、世界一狭い海峡として、1997年版ギネスブックに
掲載されました。「土渕海峡」は、延長2,500メートル、最大幅400メートル、最小幅9.93メートル(永代橋下)で、漁船やレジャーボートなどの小型船が航行する
海峡です。
私たちは、この世界一小さい海峡を大切にし、世界に続く海流に思いをのせて、大きな夢を育てたいと思います。
      1996年11月18日                                                                土庄町長   塩本 淳平

1997年版ギネスブック掲載 最も狭い海峡
ある程度の大きさの船が航行できる海峡で最も狭いのは日本の小豆島と前島の間にある土渕(どぶち)海峡だ。二つの島を結ぶ橋の部分では、わずか9.93m
の幅しかない。香川県小豆郡土庄(とのしょう)町にある。