妹尾地区
     
    啓運山 盛隆寺   
     
   啓運山 盛隆寺    御前神社  
  妹尾の持つ二つの顔
妹尾は、領主戸川氏の陣屋町であった。古い街道沿いにはその名残が数多く残っている。
妹尾の旧市街は、道が狭く車では通りにくく敬遠しがちであるが、一度JRなどを利用して歩いて訪ねてみるのも面白い。
JR瀬戸大橋線を妹尾駅で降り、北口を出ると前には、古い家並みの駅前通りが延びている。
駅前通とT字交叉する本町通には「妹尾千軒皆法華」の石碑のある盛隆寺(じょうりゅうじ)とその塔頭(たっちゅう)群、御前神社(おんさきじんじゃ)などの由緒ある神社仏閣をはじめかっての陣屋の町並みが残っている。
また、盛隆寺の北東には、平家の武将、妹尾太郎兼康の築いた州浜城跡や戸川氏陣屋跡、戸川陣屋井戸などの史跡が残っている。
一方、JR瀬戸大橋線の南側は、江戸時代後半以降に行われた干拓地であり、最近は、岡山中心部からJRで15分ほどという好立地を生かして「せのおニューシティ」という大規模な宅地開発がなされてきた。駅の両側で全く異なった顔を持つ町である。         
                          ふるさとせのお案内板
 
岡山西ふれあいセンター 妹尾の古い町並み JR妹尾駅南口
せのおニューシティ JR妹尾駅前通りの町並み JR妹尾駅前通
       
駅前醤油醸造会社 妹尾の町並み 戸川陣屋井戸
       
  栗村神社   配水タンクー妹尾小学校裏ー    州浜城跡  
妹尾の栗村神社の裏には、配水タンクのある小高い丘がある。
金甲山や常山などから妹尾方面を探すときにはこの配水タンクがランドマークとして役に立つ。
妹尾の地名について、その由来は妹尾太郎兼康にあるというのが通説であるが、私には妹尾という地名が先にあってそこから妹尾の名が付いた様に思われて仕方がない。
そこで色々調べる内に妹尾は瀬尾から来ているという説がわかった。
妹尾の地形を見ると早島と呼ばれていた大きな島(今の岡山県総合流通センターが誘致されている丘陵)から尾っぽのように飛び出した地形になっている。
このあたりは昔は海だったことを考えると、瀬に突き出した尾っぽの様な所から瀬尾と名付けられそれが妹尾になったのではないだろうか?⇒常山の麓から北東方面パノラマー岡山市南区ー
吉備の中山ー別名鯉山(りざん)−の東には尾上と呼ばれる地名があるがこれも鯉の尾っぽの様な所からきているような気がする。
妹尾太郎兼康公墓〔吉備津神社付近)

Home 岡山・備前地域へ 岡山市へ