瀬戸内海国立公園ー岡山県と周辺地域の一部ー   
           
             
        
        
  瀬戸内海国立公園は、昭和9年3月16日に雲仙国立公園・霧島国立公園と共に日本初の国立公園として指定された。その当時岡山県では、鷲羽山を中心とする、備讃瀬戸
のみであったが、その後数回にわたり追加指定がなされて今の様な指定地域となっている。ここでは、岡山県を中心に、周辺地域の一部も掲載している。
 
 
地 区 概 要      区 域・指 定 年 月 日     面 積
王子が岳渋川 荒い花崗岩の山肌に奇岩怪石が今にも落ちかかろうとする独特の山容を持つ王子が岳は、山頂まで登山道路が通じている。
頂上の園地には王子が岳パークセンターもあり、ここから望む備讃瀬戸、四国連山の展望は誠に一幅の絵をみるようである。
また、王子が岳の山麓に開けた白砂青松の海浜をもつ渋川海水浴場は、中国地方屈指の海水浴場であり、一帯は国立公園
の集団施設地区として管理されている。
王子が岳 昭和9年3月16日  大槌島、堅場島、祖父祖母島、渋川海岸 昭和25年5月18日  463ha
出崎・十禅寺山 出崎半島は、入江の多い静かな海浜に恵まれ、海浜のマツ林と遠浅の海は夏期は海水浴・キャンプ場としてにぎわっている。
出崎半島の西にある十禅寺山は、内海の展望台としても良く、ハイキングコースとして利用されている。
出崎、石島、小蛭島、大蛭島、昭和9年3月16日 十禅寺山 昭和25年5月18日 369ha
日生夕立受山 岡山県東端部に位置し、東は兵庫県赤穂岬に接し、備讃瀬戸と播磨灘の境に集団的に浮かぶ10余の島々からなり、陸地から
極めて近距離にある。
これらの島々は、そのほとんどが石英粗面岩からなり、山地の斜面が急に海面に突入し、その荒い山肌と海の対照が面白い。
この地区最大の鹿久居島(かくいじま)は、古代から野生のシカの生息地であり、また、キリシタン流刑の島、鶴島や江戸時代
に船旅の避難所として利用された大多府島(おおたぶじま)など、史跡と伝説に富む島々が多い。
夕立受山から一望できるカキいかだの浮かぶ夕日の海は絶景である。
鹿久居島、曽島、鶴島、鴻島、大多府島、取揚島 昭和25年5月18日 夕立受山 昭和31年5月1日 1,381ha
牛窓 錦海湾の南東に突出した蕪崎付近と前島、黒島、黄島などの諸島があり、南に小豆島(しょうどしま)を望み、牛窓瀬戸と称され
る潮流の変化の妙とあいまって、美しい多島美を見せている。
陸地はなだらかな丘陵で、オリーブの栽培が行われるなど、南国的なムードを感じさせてくれる。牛窓は、江戸時代に朝鮮通信
使の寄港地になっていたため、朝鮮風の唐子踊り(からこおどり)や太刀踊りなどが残っている。
前島、青島、黄島、黒島、中小島、端小島 昭和9年3月16日 蕪崎(牛窓海岸) 昭和25年5月18日 408ha
関連地域 オリーブ園 
下津井 鷲羽山(わしゅうざん)とその沖合に浮かぶ釜島、松島、六口島(むくちじま)からなるこの地区は、備讃瀬戸の中心に位置し、鷲
羽山から眺める風景は、瀬戸内海国立公園の代表的なものであり、また、瀬戸大橋を眺める最高の展望地である。
山頂付近には、国立公園を紹介するビジターセンターが設置されている。また、天然記念物”象岩”のある六口島や釜島などは、
海水浴やキャンプ最適である。
鷲羽山、釜島、松島、六口島 昭和9年3月16日 246ha
広告
東児島 児島半島の最高峰・金甲山から東へ東光寺山、貝殻山、八丈岩山を結ぶ一連の山からは、直島群島や四国の連山、或いは岡
山平野を眼下に望み、遠くは中国山地を一望に収める絶好の展望地である。
金甲山は、頂上まで車道が整備されている。また、貝殻山も頂上近くまで車道が整備され、駐車場等も完備している。
近くの赤松林の中には弥生人の集落跡と見られる貝塚等もある。
金甲山、東光寺山、貝殻山、天目山、八丈岩山、高島 昭和31年5月1日 677ha
水島灘・龍王山 倉敷市児島の市街地西方にそびえる龍王山は、塩飽諸島に面し、槌ノ戸瀬戸から四国連山、水島灘に浮かぶ高島、葛島、濃地
島などの多島景観、さらに水島灘を隔てて笠岡沖の島々が眺望できる絶好の展望地である。
高島、葛島、濃地島、杓島、下水島 昭和9年3月16日 龍王山、通生 昭和25年5月18日 107ha
関連地域 
鷲羽山スカイライン・龍王山 通仙園
由加山 天平時代に創建された蓮台寺と由加神社があって、瑜伽大権現と呼ばれ、讃岐の金毘羅宮と共に、全国庶民の信仰を集めて
繁栄した。
豪壮な建築群は境内の天然林とマッチして国立公園地域の得意な存在となっている。
由加山 昭和25年5月18日 105ha
関連地域
 由加山 蓮台寺
笠岡諸島 備讃瀬戸の西辺に位置するこの地区は、高島、白石島、北木島、真鍋島など大小20余島が南北に連なって一群となり、優れた
多島海景観を見せている。
諸島の中央に位置する白石島は、海岸線の出入りと地形の変化に富み、山頂からの展望は備讃瀬戸屈指のもので、海水浴や
ハイキングに最適である。
この地区の南端の真鍋島は、一年中降霜を見ないという暖かい所で、マーガレット、菊、キンセンカ等の花の栽培が盛んである。
高島、差出島、明地島、稲積島、小高島、コゴチ島、白石島、梶子島、カナリ島、縦島、横辺島、大飛島、小飛島、問島、真鍋島、
大島、茂床島、ハブ島、六島 昭和9年3月16日 956ha
関連地域 真鍋島 北木島 白石島
御嶽山・寄島 水島灘の西北部分に位置し、御嶽山、青佐山、寄島などがある。
御嶽山(海抜320m)からは、水島灘を隔てて、東は鷲羽山沖から、西は鞆の浦に至る。備讃瀬戸の中心風景を一望できる展望台
もある。
特に、笠岡沖の高島、白石島、北木島、真鍋島などの多島海の展望に優れている。
御嶽山、寄島 昭和25年5月18日 子殿州、孫殿州 昭和31年5月1日 25ha 
関連地域 
寄島町 御嶽山
                                                          岡山県観光便覧
   広告  
          
尾道 広島県
瀬戸内しまなみ海道 広島県
小豆島 香川県
鞆の浦 広島県福山市
赤穂岬 兵庫県
直島 香川県
http://tabioka.com/i.html

携帯電話ホームページ用バーコード↑
旅おかやま(たびおか)(iモード)

Home English