惣爪塔跡(そうづめとうあと)
              
       
       
  惣爪塔跡        
  国指定史跡 惣爪塔跡
古来「石の釜」と呼ばれている、塔の中心柱の礎石(心礎)である。長径2メートル、短径1.5メートルで、上部に直径16センチメートルの円孔をうがち、さらに、その底に子孔があり
仏舎利を納めてあったものであろう。
奈良時代前期、この礎石の上に建っていた塔のほか、金堂・講堂などの建物がならび、一大伽藍が営まれていたことが想定される。しかし、塔以外の建物の礎石や基壇の痕跡
は、周囲の水田の地下げのため、現在は確認することが出来ない。
この寺は。「津の臣」の氏寺であったともいわれている。なお、付近一帯は弥生時代の集落跡でもあり、水田の下から貝層や土器その他の遺物が発見されている。
   平成14年2月 岡山市教育委員会
 
        
現地案内板