総社市の旅 GoogleMap 
ー備中国分寺・宝福寺・豪渓・鬼の城ー
     
             
        
     
 モバイルはこちら
     
       
  宝福寺 鬼の城 備中国分寺五重塔  
   広告  
     
  総社市      ホームページ    総社市周辺地図GoogleMap     総社市地図  
  総社市役所
TEL0866-92-8200
〒719-1192 総社市中央1−1−1 
昔話「桃太郎」の発祥となった温羅伝説の舞台「吉備路」は、この総社市から岡山市西部にかけての地域をいい、古代、大和、出雲や北九州にも劣らぬ勢力を誇っていた吉備国の中心として、温羅伝説にまつわる旧跡や地名が数多く残っている。
  また、雪舟が修行した寺として知られる「井山宝福寺」、吉備路を象徴する風景を作り出している備中国分寺「五重塔」、岡山市側にある全国第4位の規模を誇る造山古墳 全国第9位の作山古墳、奇岩絶壁の間を清流が流れ、春の新緑、秋の紅葉が美しい名勝豪渓など訪れるところは数多い。
主な見所:備中国分寺 鬼の城 宝福寺 乳神さま(軽部神社) 福山城跡 名勝豪渓
  人口 66,792人(県内第5位) うち65歳以上14,732人(21.6%) 
世帯数 23,128世帯
総面積 212.00平方km(県内第13位) 市の木 もみじ 市の花 れんげ 市の鳥 タンチョウ
祭り、イベント等: ふれあいフェスティバル(4月)、れんげまつり(4月)、清流まつり(7月)、雪舟フェスタ(8月)
名物・特産: 桃 ぶどう 千両ナス セロリ いちご 玉どうふ
平成17年3月22日 総社市 御津郡山手村 清音村が合併(新設)
 
 
           
   宝福寺    名勝豪渓   宝福寺   
   広告  

総社市役所
〒719-1192 総社市中央 1-1-1
県南部に位置し、北は高梁市・吉備中央町賀陽地区に、東は岡山市・総社市山手村に、南は総社市清音村に、西は倉敷市真備町・矢掛町・井原市美星町に接している。
市の中央部を高梁川が流れ、南部には、吉備高原の間を縫って流れてきた高梁川によって運ばれた土砂による肥沃な平野が開けている。
全国有数の規模といわれる作山古墳を始めこうもり塚古墳などの古墳群や備中国分寺、国分尼寺跡、宝福寺などの寺社が多く、歴史的に繁栄の地であったことを伺うことができる。
北東部には吉備津彦命の温羅退治の伝説や、平安時代に山上仏教の繁栄した地として知られている鬼ノ城、新山、岩屋の連山がある。

吉備路吉備路風土記の丘備中国分寺 備中国分尼寺跡 造山古墳 作山古墳 こうもり塚古墳  吉備の中山  吉備津神社 吉備津彦神社 神道山 砂川公園 高松城水攻め跡 
最上稲荷 最上稲荷奥之院一乗寺 龍泉寺  足守ー近水園 足守侍屋敷 木下利玄生家 足守文庫 大光寺 足守歴史庭園 緒方洪庵誕生の地)江戸時代の街並みをそのまま残したところ。 

 

矢喰宮 鯉喰神社 王墓の丘史跡公園 宝福寺 総社宮 鬼ノ城 岩屋)一岡山市など総社市外の地域も含む。吉備文化発祥の地であり、のどかな古代吉備そのままの風景に接することが出来る。
吉備路パノラマ写真

温羅伝説 桃太郎伝説 吉備王国 雪舟伝説 歴史の息づかいが流れる総社 かって吉備王国の中心地として栄えたこの地は多くの文化遺産が歴史を伝え、今も桃太郎ゆかりの温羅伝説などが語り継がれている。

総社インターそばの 赤浜は雪舟誕生の地でもある。 
まちかど郷土館(自転車道から少し足を伸ばした総社宮のそばにある洋風の建物。明治43年に建築され、明治風のおしゃれな雰囲気を漂わせている。
1階には総社の歴史や物産がわかるコーナー、2階にはレトロな備中売薬、阿曽の鋳物、い草等の伝統産業が展示されている。無料 9-18時 月曜休館日) 
備中国分寺(のどかな備中の風景の中にたたずむ五重の塔はみごと) 吉備路古墳群(造山古墳 作山古墳 こうもり塚古墳)
宝福寺(日本の水墨画を代表する画聖雪舟が幼いころ修業し、涙で描いたネズミの伝説で有名なお寺。朱色も鮮やかな三重の塔や古式庭園、荘厳な本堂など本格的な禅宗様式を備えた風情あふれる山寺。夏の暁天座禅、秋の雪舟大茶会は有名)

 

秋葉山

名勝豪渓(高梁川の支流、槙谷川の上流にある豪渓は、天にそびえ立つ奇岩絶壁が清流や木々と見事に調和し、壮大な渓谷美をくりひろげる岡山県代表の景勝地。特に秋の紅葉シーズンは最高。) れんげまつり 

鬼の城(標高400mの鬼城山、山頂付近を取り囲むように築かれた巨大な城壁が延々2.8kmも続く 古代の朝鮮式山城と言われ、その規模は国内最大級 吉備津彦命の温羅退治に登場する鬼はここを根城にしていたと言われる。ここからの眺望はすばらしく、ハイキングにも最適のコースで、遠く児島半島や瀬戸の島々、四国連山も望むことができる) 岩屋 

矢喰宮(矢喰天神社とも言う。古事記に登場する吉備津彦を祀る。総社インターを下りた所。吉備津彦伝説では、吉備津彦の矢と温羅の石が空中で絡み合い、落ちた所であると言う)
鯉喰神社  総社市北公園 砂川公園 砂川の森 秦廃寺 岡山県立大学
総社市内宿泊施設 国民宿舎サンロード吉備路 ウェルサンピア岡山 砂川公園キャンプ場 

福山城跡 角力取山古墳 幸山城跡

総社市役所清音支所
TEL0866-94-0112
〒719-1172 総社市清音軽部1135
県の中央西部寄り、高梁川の東岸に位置し、北は総社市(旧)、東は総社市山手、南は倉敷市(旧)、西は倉敷市真備町に接している。
高梁川の肥沃な堆積原上に集落が発達し、稲作中心の農村として発展してきたが、岡山市、倉敷市、総社市に近いことから近郊野菜の生産が盛んになりまた、ベットタウンとしての性格も強くなってきている。

大覚寺 軽部神社(乳神さま) 三因古墳群 八幡神社 八柱神社 三因天神社相撲場 清流まつり

総社市役所山手支所
TEL0866-92-1242
〒719-1163 総社市地頭片山17−1 
県の中南部に位置し、北は総社市(旧)に、東は岡山市に、南は倉敷市に、西は総社市清音に接している。
吉備文化の史跡と景観に恵まれ、村域のほぼ半分が県立自然公園「吉備路風土記の丘」に指定されている。

村の南部には、南北朝初期の延元元年(1336年)5月、南朝方の新田義貞の武将である大井田氏経の軍勢と、北朝方の足利尊氏の弟、直義の軍勢が死闘を繰り返した福山合戦の舞台として知られている、標高302mの福山を最高峰とする山系が東西に走っている。福山城跡 
角力取山古墳 吉備孝古館 山手郷土館 寺山古墳 龍塚古墳 道満古墳 和霊神社 パラグライダー基地
特産品 もも セロリ
岡山県市町村ハンドブックより(平成20年版
http://tabioka.com/i.html

携帯電話ホームページ用バーコード↑
(旅おかやまーたびおか)(iモード)

Home English 倉敷・備中倉敷地域