松琴寺 GoogleMap      
        
      

モバイルはこちら
 
   
  松琴寺 精進料理 松琴寺 松琴寺境内  
  青龍山 松琴寺
松琴寺は貞和年中(1346-1349)無柳一参禅師が創建した禅院で、本尊は観世音菩薩である。
戦国の乱世に法脈中絶のときもあったが池田光政の慶安年間(1648-151)に再興して一山のうちに陶後庵、指月庵、単伝庵、庭樹庵などが営まれ、岡山城下にほどちかい閑寂な山上に文人墨客も好んで訪ずれる浄地として栄えた。
この寺は初め曹洞宗に属していたが、享保12年(1727)臨済宗に改め今日におよんだ。
境内には、池田治政が明和年間(1761〜1772)に児島から分祀した喩伽大権現がある。
現地案内板参考
精進料理ー松琴寺ー
胡麻豆腐、湯葉、麩、旬の野菜を中心に五法五味五色を基本とした精進料理を提供⇒下の写真とホームページ参考
 
   モバイルはこちら   モバイルはこちら    モバイルはこちら   
  広告      
   
 
瑜伽大権現 松琴寺 庭園 松琴寺境内  
 
 
   モバイルはこちら    モバイルはこちら    モバイルはこちら  
   広告  
   
   
  松琴寺ホームページ  
  広告      
   
      Home 岡山・備前地域へ 岡山市へ 岡山市街地とその周辺にある寺社へ 操山山麓の神社仏閣へ