高松城 内苑御苑

内苑御庭(ないえんおにわ)
高松城は別名玉藻城とも呼ばれていますが、これは万葉集で柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)が詠んだ「玉藻よし」という讃岐国の枕ことばをとって、この
あたりの海が玉藻の浦と呼ばれていたことによるといわれています。今は、その城跡の一部の主要部分のみが玉藻公園となってその名を伝えています。
生駒親正(いこまちかまさ)が築城した当時は、このあたりには壮大なお庭が広がっていたといわれます。松平氏の時代になって第2代藩主頼常(よりつね)
の頃に、藩主の住居であり政庁である披雲閣(ひうんかく)と呼ばれる御殿が建てられました。現在の庭は、藩政時代のものをもとに大正5年(1916年)頃に
つくられた枯山水の庭です。庭園内には空川が北東から南西に流れ、三つの築山がつらなり、松を中心にウバメガシ、サツキ、梅、そてつなどが茂ってい
ます。木々の緑が櫓の白壁に映え、大石灯ろうが木々の間から見える風情は昔の大名の優美な生活を偲ばせます。
また、築山のほとりの石組みは山石・川石・沢石などをうまく組合せ、石の稜線を生かして三段にも組まれています。ほかにも、高さ2メートル、重量11トン余
りといわれる大手水鉢や大きな飛石、一つの石から削りだされた精巧な石橋等があり、栗林公園とは異なった風情で、見る人につきせぬ興味を呼び起こし
ます。
また、苑内は大正11年(1922年)に、当時、摂政だった昭和天皇陛下がお手植えになられた松があり、その隣には当時陛下と婚約中だった良子(ながこ)皇后
様が大正12年(1923年)にお手植えになられた松があります。
(現地案内板より)