玉藻公園(高松城跡) GoogleMap

玉藻公園西入口(左側の石垣は廉櫓跡(れんやぐらあと)

史跡 高松城跡(玉藻公園)
高松城は別名「玉藻城」ともいい、天正15年(1587年)豊臣秀吉から讃岐に封ぜられた生駒親正が翌16年(1588年)に工を起し、約3年の歳月を費やし天正18年(1590年)
に完成したが、その縄張り、つまり設計は当時有名な築城家、黒田孝高(如水)がしたとされている。
この高松城は全国にも珍しい水際城(一般には水城)の跡である。昔から「讃州さぬきは高松様の城が見えます波の上」と謡われていた・
生駒家が4代54年と、寛永19年(1642年)常陸国下館から松平頼重(水戸光圀の兄)が封ぜられて以来明治に至るまでの、松平家11代228年の居城として、讃岐の政治、
経済、文化の中心地となったところである。
城跡は昭和29年1月16日に松平公益会から高松市が譲り受け、翌30年5月5日「玉藻公園」として一般市民に開放した。
また、彦根城と姉妹城縁組をしています。これは、井伊大老の次女、千代姫が第11代高松城主松平頼聰の奥方として輿入れしたことから、昭和41年8月15日に結ばれた
ものです。
城跡は、天守閣跡や石垣、堀などが遺存し国の史跡指定となっている。(現地案内板より)

                                              

玉藻公園入園料
普通料金
満16歳以上65歳未満               200円
満6歳以上16歳未満                100円
団体料金(但し20人以上)
満16歳以上65歳未満               140円
満6歳以上16歳未満                 70円
開園時間
西門(日の出から日没まで)
4月〜5月  午前5時30分〜午後6時30分
6月〜8月  午前5時50分〜午後7時
9月      午前5時30分〜午後6時30分
10月     午前6時   〜午後5時30分
11月     午前6時30分〜午後5時
12月〜1月 午前7時   〜午後5時
2月      午前7時   〜午後5時30分
3月      午前6時30分〜午後6時
東門
4月〜9月  午前7時   〜午後6時
10月〜3月 午前8時30分〜午後5時
高松市
問い合わせ先:玉藻公園管理事務所 TEL087-851-1521 FAX087-823-6390

 

西入口から水門への通路 二の丸横の通路 内掘(正面は工事中の天守閣跡)
鞘橋 二の丸跡とサンポート高松のビル群 水門(海水導入門)
月見櫓 内苑御苑 披雲閣
玉藻公園 内苑御庭(ないえんおにわ)
高松城は別名玉藻城とも呼ばれていますが、これは万葉集で柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)が詠んだ「玉藻よし」という讃岐国の枕ことばをとって、この
あたりの海が玉藻の浦と呼ばれていたことによるといわれています。今は、その城跡の一部の主要部分のみが玉藻公園となってその名を伝えています。
生駒親正(いこまちかまさ)が築城した当時は、このあたりには壮大なお庭が広がっていたといわれます。松平氏の時代になって第2代藩主頼常(よりつね)
の頃に、藩主の住居であり政庁である披雲閣(ひうんかく)と呼ばれる御殿が建てられました。現在の庭は、藩政時代のものをもとに大正5年(1916年)頃に
つくられた枯山水の庭です。庭園内には空川が北東から南西に流れ、三つの築山がつらなり、松を中心にウバメガシ、サツキ、梅、そてつなどが茂ってい
ます。木々の緑が櫓の白壁に映え、大石灯ろうが木々の間から見える風情は昔の大名の優美な生活を偲ばせます。
また、築山のほとりの石組みは山石・川石・沢石などをうまく組合せ、石の稜線を生かして三段にも組まれています。ほかにも、高さ2メートル、重量11トン余
りといわれる大手水鉢や大きな飛石、一つの石から削りだされた精巧な石橋等があり、栗林公園とは異なった風情で、見る人につきせぬ興味を呼び起こし
ます。
また、苑内は大正11年(1922年)に、当時、摂政だった昭和天皇陛下がお手植えになられた松があり、その隣には当時陛下と婚約中だった良子(ながこ)皇后
様が大正12年(1923年)にお手植えになられた松があります。
(現地案内板より)
披雲閣 披雲閣 陳列館
玉藻公園 披雲閣(ひうんかく)
松平藩時代にも、この地に披雲閣と呼ばれる広大な建物(現在の披雲閣の約二倍)があり、藩の政庁および藩主の住居として使われていましたが、明治5年(1872年)に老朽化
のため取り壊されました。その後、松平家第12代当主で貴族院議長も勤められた松平頼壽(よりなか)氏により、3年の歳月と当時のお金で15万余円の巨費を投じて現在の披雲
閣が大正6年(1917年)に完成しました。建坪は約2000平方メートル(600坪余)でしたが、一部取り壊しや移築により、現在は約1887平方メートル(570坪余)です。
この豪壮な和風建物には142畳敷の大書院をはじめ、槇の間・蘇鉄の間などの雅趣を生かした各部屋があり、波の間には昭和天皇、皇后両陛下がご宿泊になられたこともあり
ます。
昭和29年(1954年)に城跡とともに高松市に譲渡されて、現在は会議・茶会・生花展などの会場として利用され、広く市民に親しまれています。
(現地案内板より)
桜御門跡 天守閣跡 艮櫓(うしとらやぐら)(旧太鼓櫓跡)
玉藻公園 重要文化財 高松城旧東之丸 艮櫓(うしとらやぐら) 三重 三階 隅櫓(すみやぐら) 入母屋造 本瓦葺 昭和25年(1950年)8月29日重要文化財指定)
高松城は、讃岐の国(香川県)の国主だった生駒親正(ちかまさ)公が築城したもので、生駒氏が寛永17年(1640年)に出羽の国(秋田県)に移封せられた後、寛永19年
(1642年)に東讃岐12万石の領主として入府した松平氏が本丸、東之丸、新曲輪(しんくるわ)などを修築し、規模を整えたといわれます。東之丸は現在の県民ホール
あたりをいい、寛文11年(1671年)頃より行われた大改修の際、北方の海辺を埋め立てて、海に面して新たに備えらtれた郭です。
艮櫓は、もともと東之丸の北東の隅櫓(すみやぐら)として建てられたもので、北東の方角のことを丑寅(艮)ということから、この名前があります。記録によれば、延宝5年
(1677年)に完成されたようで、現在残されている月見櫓と同時期に建てられたものです。昭和40年(1965年)8月に当時の所有者であった日本国有鉄道より高松市が譲渡
を受け、国庫、県費の補助金を得て和和40年10月より工期2年、工事費2,800余万円を費やして解体修理を行い、東之丸の東北隅より現在の旧太鼓櫓(たいこやぐら)跡に
移築復元されました。この移築にあたって、艮櫓の規模に合わせて城内側に石垣の拡張工事を行ったほか、石落しの取付の関係上、建物を右に90度回転させています。
櫓の構造としては南北に大きな千鳥破風を設けているほか、各階の窓の土戸に特異な形状をもち、さらに二、三階には城内側にも銃眼を設けるなどの特徴が見られます。
移築修理の際、この櫓は建立直後に補強的な改造を受けているほか、安政3年(1856年)には、ほとんど解体に近い大修理を受けていることがわかりました。(現地案内板より)
旭橋と旭門 中堀(左端の一画は竜櫓跡) 桝形
桜の馬場 鞘橋 内掘(右側に天守台あり)
高松の公園は玉藻公園・栗林公園いずれも松が非常に多くよく手入れされているのが印象的。