玉藻公園 披雲閣

披雲閣(ひうんかく)
松平藩時代にも、この地に披雲閣と呼ばれる広大な建物(現在の披雲閣の約二倍)があり、藩の政庁および藩主の住居として使われていましたが、明治5年(1872年)に老朽化
のため取り壊されました。その後、松平家第12代当主で貴族院議長も勤められた松平頼壽(よりなか)氏により、3年の歳月と当時のお金で15万余円の巨費を投じて現在の披雲
閣が大正6年(1917年)に完成しました。建坪は約2000平方メートル(600坪余)でしたが、一部取り壊しや移築により、現在は約1887平方メートル(570坪余)です。
この豪壮な和風建物には142畳敷の大書院をはじめ、槇の間・蘇鉄の間などの雅趣を生かした各部屋があり、波の間には昭和天皇、皇后両陛下がご宿泊になられたこともあり
ます。
昭和29年(1954年)に城跡とともに高松市に譲渡されて、現在は会議・茶会・生花展などの会場として利用され、広く市民に親しまれています。
(現地案内板より)