天然記念物の動物、生息・繁殖地(◎印は特別天然記念物)  
               
     
          
                 
名称・ふりがな・員数 指定別・指定年月日 所在地・所有者又は管理者 概要
アユモドキ
(あゆもどき)
国指定
昭和52年7月2日
地域定めず
(旭川水系・吉井川水系など)
硬骨魚類どじょう科の淡水魚で、日本固有の種である。
現在では、淀川水系と岡山県南部などにしか生息が確認されていない。
◎オオサンショウウオ
おおさんしょううお
国指定
特別天然記念物
昭和27年3月29日
天然記念物
昭和26年6月9日
地域定めず 県内一円
(特に県北部)
両生類有尾目オオサンショウウオ科。
現在では日本と中国のみに生息する”生きている化石”である。
◎タンチョウ
たんちょう
国指定
特別天然記念物
昭和27年3月29日
天然記念物
昭和10年8月27日
地域定めず
岡山後楽園
岡山市後楽園1−5
岡山県自然保護センター
和気町多賀730
赤坂タンチョウセンター
赤磐市今井73−1 休園
きびじつるの里
総社市三須825−1
鶴。明治以降の乱獲で一時絶滅したと考えられていたが、昭和27年以降、人工給餌によって
少しづつ増加している。
赤と白の色彩を持つ美しい鳥で、頭頂部に赤い丹皮膚が露出し、名前の由来となっている。
ヤマネ
やまね
国指定
昭和50年6月26日
地域定めず
岡山県東北部の一部
一属一種の日本固有の動物で、体長は約8cmほどの小型齧歯類。
主に樹上で生活し、夜間に活動する。
カブトガニ繁殖地
かぶとがにはんしょくち
国指定
昭和46年6月16日
笠岡市神島水道
笠岡市
日本では瀬戸内海と九州西北部の海に生息していて、神島水道地域が唯一の繁殖地となって
いる。
臥牛山のサル生息地
がぎゅうざんのさるせいそくち
国指定
昭和31年12月28日
高梁市内山下
高梁市
日本猿の餌付けに成功したものだったが、現在では餌付けはやめて、200匹余りが野生に帰って
いる。
オオサンショウウオ生息地
おおさんしょううおせいそくち
国指定
昭和2年4月8日
真庭市旧湯原町・旧川上村・
旧八束村・旧中和村
真庭市

個体保護のための地域指定で、岡山県以外にも岐阜県と大分県に2ヶ所国天然記念物の指定地
がある。
湯原カジカガエル生息地
ゆばらかじかがえるせいそくち
国指定
昭和19年6月26日
真庭市湯原温泉
真庭市
本州、四国、九州のみが分布する4.5mくらいの小さなカエル。
ここを含めて2ヶ所だけが指定されている。
http://tabioka.com/i.html

携帯電話ホームページ用バーコード↑
旅おかやま(たびおか)(iモード)

Home