徳倉城跡(とくらじょうせき) GoogleMap
妙見宮
徳倉城跡 徳倉城跡石垣
岡山県指定史跡 徳倉城跡(とくらじょうせき) 昭和33年4月10日 岡山県御津河内
遠藤山の頂上にある山城で、本丸の石垣がよく保存されている。幾度か城主がかわって、最後は宇喜多氏の家臣である遠藤河内が城主を努めたが、関ヶ原の役後に廃城となった。
                                                                                         
(岡山県観光便覧 平成20年3月版より)
徳倉城跡
築城の始めははっきりしないが太平記によれば高師秀 康安2年(1362)守城とある。
戦国時代 松田一族・宇垣氏亡んで遠藤河内守が居城したが関ヶ原合戦後廃城となった。天守郭の石垣他たくさんの遺構がある。
昭和63年3月 御津町教育委員会 御津町文化財保護委員会
(現地案内板より)
                                                                                           徳倉城跡案内図
現地案内板
本丸 本丸石垣 本丸 石列
御津宇垣方面 岡山空港方面 二の丸
本丸横 何のための石垣? 本丸の瓦片 本丸下の井戸
本丸下の石垣 徳倉城跡登り口 出丸跡
出丸付近の登山道 長曲輪跡 これは何の跡?井戸のようでもあるが?
出丸付近の登山道は人の通った跡がやっとわかる程度。矢印や木に巻いたピンクの目印があるため分かるのでこれがないと分かりにくい。
これは何の跡?井戸のようでもあるが?ー大手登山道の堀切から本丸に登る急坂の登り口に、丸い形に石組みをした跡がある。最初は井戸の跡かなと思ったのですが,一部に欠けた部分があるし、現地説明版には、何の説明もない。疑問に思っていたのですが、大廻り小廻り古代山城跡で会った方が、欠けた部分を空気の取り入れ口と考えれば、狼煙台の跡ではと言われていたのでなるほどと納得した次第。
どなたかご存知の方がおられたら教えてほしい。他に、虎倉城跡でも同じような一部の欠けた個所のある石積みを見ました。
本丸下の急な大手道 本丸下井戸付近の大手道 搦手登山道
道の要所要所には、目印として木にピンクのテープが結び付けてある(上部中央の写真)。
搦手登山道 搦手登山口 徳蔵神社
徳倉城主宇垣一郎兵衛供養塔 本丸