造山古墳(つくりやまこふん) GoogleMap
     
    造山古墳   
     
   造山古墳    造山古墳 荒神様  
  造山古墳
長径350メートルの前方後円墳、履中天皇陵に次いで全国第4位の規模を持ち、上・中・下の三段の墳丘をつくり、埴輪円筒列をめぐらせてあった。
付近の6基の小古墳と共に国の史跡に指定されており、6基のうち千足古墳の石室には、直弧紋様の装飾彫刻を施した槨障がある。
                     岡山県・岡山市
(現地案内版)                            造山古墳と陪塚のパノラマ
 
  国指定史跡 造山古墳(つくりやまこふん) 大正10年3月3日指定 岡山市新庄下
当古墳は墳長約360メートル、後円部径約200メートル、高さ約24メートル、前方部幅約215メートルを測る前方後円墳で、岡山県下で第1位、全国でも第4位、自由に立ち入りできる古墳としては全国一の規模を誇ります。大正10年(1921)、周辺の中小古墳(第一〜六古墳)とともに国指定史跡となりました。
古墳は、低い丘陵を切断し土盛りや削平などを施して形を整えています。墳丘は三段築成で、くびれ部両側に台形の造り出しを設けています。
また、墳丘表面には葺石(ふきいし)がふかれ、各段には円筒埴輪がめぐらされていました。このほか、楯(たて)・靱(ゆき)・蓋(きぬがさ)・家などの形象埴輪も見つかっています。
埋葬施設などの詳細は未調査のため不明ですが、墳丘規模・外表施設等の有り様からみて、被葬者は当地域の首長であったと同時に、吉備全域をも統括していた大首長の地位にあったと考えられます。また、造山古墳に次ぐ作山古墳(総社市)、両宮山古墳(山陽町ー現赤磐市)などの巨大古墳の存在は、吉備が畿内の勢力と肩を並べるほどに強大であったことをうかがわせます。
なお前方部に置かれている刳りぬき式の舟形石棺は阿蘇溶結(あそようけつ)凝灰岩製で蓋には直弧紋が刻まれているなど九州各地域の石棺の特徴を持っています。
近くの新庄車塚古墳から運ばれたものとも、当古墳の前方部から運ばれたものとも、当古墳の前方部から出土したとも伝えられています。
      平成15年3月31日 岡山市教育委員会
(現地案内版)                                                            造山古墳図
造山古墳は、備中国分寺、備中国分尼寺跡、こうもり塚古墳などが連なる「吉備路風土記の丘」の1km程東に位置する。
主要道路から少し外れるのでわかりにくいが、近くに駐車場や案内板も整備されている。
また、駐車場から墳丘までは、のどかな農村の住宅地としての風景を楽しむこともでき、是非とも訪れることをお勧め。
           造山古墳周辺中国自然歩道案内図
 
     
   
5号墳(千足古墳)・1号墳(榊山古墳) 造山古墳南側(方墳側)登り口 高松稲荷方面(造山古墳より)
           
  造山古墳ー前方部から後円部方面    造山古墳ー後円部から周濠跡の発見された田圃方面    造山古墳ー後円部から前方部方面   
造山古墳の方墳上には荒神様が祀られている。
造山古墳の周囲には、造山古墳と共に国指定史跡になった中小古墳(1〜6号墳)がある。

造山古墳の発掘調査
立ち入りできる古墳としては全国第1位の造山古墳で、岡山大学のチームにより、2009年から発掘調査が開始された。
造山古墳より規模の大きい古墳は、宮内庁が管理する陵墓で立ち入りもできないが、造山古墳は自由に立ち入りができており、GPSによる測量が行われた。
古墳を取り巻く周濠の有無についての調査から開始された。
(2008年12月19日(金曜日)付山陽新聞を参考)
岡山大学チームによる調査の結果、後円部の東側から幅約20mの周濠の存在が確認されている。
  造山古墳 陪塚(写真は千足古墳ー5号墳)     造山古墳 陪塚 1号墳ー榊山古墳ー   造山古墳 陪塚 2号墳   
  造山古墳(つくりやまこふん)と陪塚(ばいづか)(1〜6号墳)(国指定史跡)
造山古墳
全長約380mの前方後円墳で、五世紀前半頃に築造された。
大阪府にある大山(だいせん)古墳(485m)ー伝仁徳陵(にんとくりょう)ー、誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(420m)ー伝応神陵(おうじんりょう)ー、上石津(かみいしず)ミサンザイー伝履中陵(りちゅうりょう)古墳(365m)−に次いで全国でも4位の規模の古墳である。
その規模から、造山古墳の被葬者は、畿内政権と肩を並べるほどの力をもっていた吉備の大王の墓と想定されている。
古墳は自然丘陵を削りあるいは盛り土して、三段に築盛されている。
前方部側に丘陵を切断した堀切のあとが残っている。
墳丘上には円筒埴輪や形象ー家・盾・靱(ゆぎ)等ー埴輪が樹立されていた
。また、前方部の荒神様の傍らには、新庄車塚(しんじょうくるまづか)から運ばれたとも前方部から掘り出されたとも伝える阿蘇凝灰岩製の長持形石棺と蓋の一部がある。
陪塚(1〜6号墳)
造山古墳の周辺には、大小6基の古墳がある。
陪塚と呼ばれ、主墳(造山古墳)の被葬者の一族か、有力な従者の墓と考えられている。
(現地案内版)    造山古墳と陪塚案内図
 
         
   造山古墳 陪塚 3号墳   造山古墳 陪塚 4号墳    造山古墳 陪塚 6号墳   

Home 岡山・備前地域へ 倉敷・備中倉敷地域へ 岡山市へ 総社市へ 吉備路へ