作山古墳(つくりやまこふん) GoogleMap
   
作山古墳(西側より)
作山古墳 円墳上部
国指定史跡 作山古墳(つくりやまこふん) 大正10年3月3日指定
つくり山と称されるほど、雄壮で巨大な前方後円墳です。
独立した小丘陵を削り、整形、加工したもので、一部に後世の改変を受けているものの、全長約285メートル、後円部径174メートル、同高さ24メートル、前方部長さ110メートル、同幅174メートルの規模を持っています。
三段に築成され、各段には密接して円筒埴輪がたち並び、斜面は角礫でおおっています。造出しは北側には存在しますが、対照的に南側にもあったかどうかは疑問です。
外周には周溝がなく、複数の残丘をのこすなど巨大な墳丘のわりには端整さを欠く面もあります。
作山古墳の規模は、全国的にみても第九位に相当し、県内では全長約350メートルで全国第四位の岡山市新庄下・造山古墳につぐもので、古墳の規模が豪族権力の反映または象徴であることからすれば、本墳の被葬者が吉備に君臨した大首長であることが想像されます。
この古墳の築造は、発掘調査がおこなわれていないのであきらかではありませんが、墳丘の形態や円筒埴輪の研究から、五世紀中葉頃と考えられています。
現地案内板
                                                作山古墳図 周辺中国自然歩道案内図
方墳側登り口
古墳上部 備中国分寺方面(作山古墳円墳上部より) 作山古墳駐車場
備中国分寺から西の方角に見ることができ、歩いても行ける所に、県下で2番目に、日本で9番目の大きさの作山古墳がある。
この古墳も、造山古墳同様、立ち入ることがでる。墳丘のすぐ西方に駐車場がある。東・南方向には農村の集落がある。

Home 岡山市へ戻る