矢喰宮
         
     矢喰宮本殿と鬼の城  
     
  矢喰宮    矢喰の岩公園   
  矢喰神社
御祭神 吉備津武彦命
後に天満宮を合祀したので矢喰神社又は矢喰天満宮と呼んでいる。
創立年代不詳
吉備津宮縁起によれば第十代崇神天皇の時百済の王子温羅と云う者があった。両眼大きく毛髪赤く、頬骨強大、身の丈抜群、その性勇悍腕力絶大常に仁義を守らず日本を覗わんとする志があった。
本朝に来り諸州を暦覧する内、遂に吉備の国新山(後方の山)に登った。
この地方の勝れたるを見てこの所に大門を起し、城壁を築き矢倉を立てて城郭をなして居を構え、時には西国より帝京に送る貢物を略奪した。
近里に往来して人民を悩乱せしめた。時の人、この城郭を鬼ノ城と称し恐れた。
天皇勅して大吉備津彦命を派遣し之を征伐せしめられた。
即ち彦命は兵数千を率いて東の方吉備の中山に陣し、西の方は、日畑西山(稲荷山)に出で石楯を築き甲兵を引きい、鬼の城に向かい温羅と戦った。
彦命、矢を放ては温羅の矢と空中に噛合い海中に飛び入る。
其の所に宮を建てて矢喰宮と云った。之が今日の矢喰神社である。
彦命、再び千鉤の矢に大矢二筋を番え発したところその一矢は喰い合って前の如く海中に飛び入ったが、他の一矢は温羅の左眼に命中した流血で流水の如くであった。
其の所を名ずけて血吸川と云う。
是に於て温羅は雉となって山中にかくれたが、命は鷹と化して之を追うた。次には鵜と化して噛んで之を揚げ、その所を名づけて鯉喰宮と云った。(東南二キロにあり)温羅、遂に錘旗を垂れ鋒刀を捨てて降ったとある。
以上は吉備津彦にまつわる物語でこの地方に昔から語り伝えられている伝説である。
左側の砂川が血吸川で血吸石がある。当時このあたりは海であった。
                                                                                                   高松観光協会
(現地案内板より)
 
     
           
矢喰の岩 矢喰の岩公園 駐車場 矢喰宮
温羅伝説(桃太郎の鬼退治の物語)
吉備津宮縁起には、おとぎ話の「桃太郎の鬼退治」の基になったと言われる温羅伝説がある。
第10代の宗神天皇の頃、百済の王子と称する温羅(うら)という鬼が住んでいた。
両眼は大きくて毛髪は赤く、大きな身の丈で腕力は強くて、新山(にいやま)造った鬼ノ城を拠点に、西国から京への貢物を略奪したり、里の人民に危害を加えるなど悪事の限りを働いていた。
吉備の人々が、この窮状を都に訴えたため、天皇は、温羅征伐のため、孝霊天皇の子で四道将軍(よつのみちのいくさのきみ)の一人・吉備津彦命(きびつひこのみこと)を派遣した。
彦命は兵数千を率いて、東の方吉備の中山に陣(現在の吉備津神社の付近)を構え、西の方は、日畑西山(稲荷山)に出で石楯を築き甲兵を引きい、鬼ノ城の温羅と戦った。
吉備津彦命の射た矢は、空中で温羅の投げる岩に食い込まれて落ちてしまい勝負が決まらない(その岩の落ちた所が矢喰い宮)。
そこで、吉備津彦命は二本の矢を同時につがえて放つと、一本は温羅の左眼に命中した(その血が流れて川となったのが血吸川、下流の赤く染まった浜が赤浜)、もう一本は岩に喰い込んで下に落ちた。
温羅は雉となって山中に隠れたが、彦命は鷹になって雉を追った。次に、温羅は鯉の姿に化けて川を逃げ下った。すると吉備津彦命は、鵜となって温羅を追い鯉をついばんで退治した(鯉喰神社)と言われている。
鳴釜神事
吉備津神社のお釜殿では、鳴動の音の大小長短により吉凶禍福を占って温羅の霊を慰めるため鳴釜の神事が行われている。
これは、吉備津彦命に退治されて刎ねられた温羅の首(現在の岡山市首部の白山神社付近に首が置かれたと言われている)が、その首は何年たっても大声でうなり続けた。そこで彦命は、部下である犬飼武命(いぬかいたけるのみこと)に命じて犬に食わせて骸骨にしても、さらに御釜殿の下に埋葬してもうなり続けた。
吉備津彦命はこれに困り果てていたが、ある日夢に現れた温羅が、「温羅の妻である阿曽(あそ)の郷(現在の総社市東阿曽、西阿曽地域で古くは鋳物師の村であった)の祝(ほふり)のである阿曽女に神饌を炊かせ、神官と共に神事を執り行えば、温羅自身が吉備津彦命の使いとなって吉凶を告げよう」と告げ、鳴釜の神事が始まったと言われている。

Home 岡山市へ戻る 温羅伝説へ