高仙の里よのキャンプ場 GoogleMap      
      モバイルはこちら  
   
   
   
  高仙の里よのキャンプ場      
  高仙の里よのキャンプ場
TEL0867-42-6336 
TEL0867-42-0728 政保商店
岡山県真庭市余野下723 真庭市へ
(テントサイト)15基60人
(施設) 温水シャワー レストハウス 休憩所 更衣室 野外広場 キャンプファイヤー場 スポーツ施設
(料金) 1サイト1,000円 入場料100円 
テント貸出1,000円 
(宿泊施設) 宿泊研修施設なつつばき30人用1棟 10畳3室
1室の使用可能
宿泊費3,000円(素泊り・消費税別)
全館貸切の場合は50,000円(料理・消費税別)
民家改修宿泊施設10人用1棟(青木本家)
1泊10,000円(料理・消費税)
(食事)自炊 材料持込可 材料注文可 
(体験活動)山菜採り 特産品づくり 野鳥観察 ハイキング

(利用時期) 年中
(利用時間) 14:00〜翌12:00
(休日) 無
(交通) JR姫新線久世駅/余野行きバス20分/入江下車徒歩5分
米子自動車道久世IC/車15分
(駐車場) 普通車30台 バス3台
 
  広告      
     
   
   モバイルはこちら  
 
   高仙の里よのキャンプ場   高仙の里よのキャンプ場 テントサイト    高仙の里よのキャンプ場   
  久世町の最北部にある、約100戸の純農山村。
自然が美しく、みつまた、茶畑、シャクナゲの群生が見られる他、山菜の宝庫として春には山菜採りが楽しめる。
また、目木川の水も美しく、春のヤマメ、夏のアユは有名。みつまたのさらし作業など、素朴な季節の風物詩にも出会える。
 
  軽食だけでも利用できる宿泊施設「なつつばき」は、古代久世にあったと伝えられる高床式倉庫「白猪野屯倉」をイメージして設けられたもの。
囲炉裏を囲む団らんの「青木本家」は大正時代の農家が修復されている。
岡山県の北部中央、かって出雲街道として大山道が交差する交通の要衝として栄えた久世町。
  その際北部、標高250-300mの山あいに広がる余野地区は、目木川の清流を中心として茶畑や一万円札の原料となるミツマタ畑がひらけた素朴な山里。
春には植物の宝庫として知られる高仙の石楠花は見事。
また、約640年の歴史を持つ大津神社は秋の大祭、初詣と県内外から数千人の参拝者でにぎわいを見せる。 
周辺観光 樫西和紙加工場 車10分 薬王寺 車15分  旧遷喬小学校 車20分