樹 林

Jurin

作品17 2021. 6. 2作曲


茅ヶ崎城址公園

マーク非営利目的での演奏については、原則として楽譜・音源は無償でお使いいただけますが、ここに掲載した曲の著作権は加羅古呂庵一泉に帰属します。改変、転用、複製等はご容赦ください。

マーク営利目的でのご利用の場合等、著作権に関するお問い合わせは、ホームページ管理人までお願いいたします。


曲の説明

樹 林(じゅりん)

マークその森は、小高い山を覆っています。かつて、室町時代に城があったそうですが、江戸時代に一国一城の制が敷かれると、城は打ち捨てられ、いつしか木々に覆われたのでしょう。豊かな緑は、日常を離れた安らぎを与えてくれます。どこにいるかは定かではありませんが、鳥たちの声も聞こえてきます。

マークこの森に身を置きながら、「梢(こずえ)の中(なか)から」「陽(ひ)だまりにて」「空(そら)に向(む)かって」の3つの部分からなる尺八五重奏曲を作ってみました。

マーク夜が明けて、あたりが明るくなると、梢のどこかから、この森に住む鳥たちののどかな声が聞こえてきます。

マーク昼下がり、森の一角にある草地に陽射しが差し込み、まわりを取り囲む木々の中で、ゆったりとした時が流れていきます。

マーク森の緑はますます濃くなり、木々は風に枝を揺らしつつも、幹はたくましく、屹然として空に向かって伸びていきます。


音源

mp3 FILE:3ka017a_樹林 v1.01.mp3(8:36)


楽譜

表紙:3ka017b_樹林(表紙) v1.0_compressed.pdf

音域表:3ka017c_樹林(音域表) v1.0.pdf

五線譜(スコア):3ka017g_樹林 v1.01.pdf

縦譜(スコア):3ka017j_樹林(縦譜)v1.01_compressed.pdf

 

マーク五線譜は「MuseScore」、縦譜は佐藤祈采氏ご提供の「JapoScore」を使用しています。