熊野前

1998.7.16更新

“熊野前”の電停名は、交差点の北側にあった熊野神社にちなんで付けられたそうです。




熊野神社

熊野神社は元享年間(1321〜1323)に豊島景村が、紀州熊野から勧請したと伝えられています。明治11年に八幡神社に合祀されたため、現在は表示板があるだけという寂しい状態です…。(写真左)
熊野神社は全国に約3千社ありますが、その元締めは紀州の熊野三山(熊野坐大社・那智大社・速玉大社)。そこの神官の名字が『鈴木』ということで、私にも関係があったりします。鈴木姓の発祥の地は熊野であり、鈴木一族、あるいは鈴木の名乗りを許された輩下の神官達が全国に熊野信仰を広めたとされています。それと同時に鈴木の姓も全国に広まって、日本一多い名字になってしまったんだとさ。鈴木のルーツここにありです。


レストラン『山惣』

ここの“ハヤシライス”は、おいしいです。と言うか、その甘さが、なんかとても懐かしいです。他のメニューは正直イマイチでしたが…。

 

ハヤシライスは★★★☆。



停留所の近くには『はっぴいもーる熊野前』があります。その昔、TV番組「天才たけしの元気がでるテレビ」で、この商店街が取り上げられ、全国的に有名になった時もありますが、今はどこにでもある商店街。その名残りである“たけし招き猫”(昭和60年4月吉日)は商店街の中ほどにありますが、埃まみれという感じで薄汚れてました。

 


次の停車は東尾久三丁目    次の停車は宮ノ前
 
トップページに戻る